芸能

本田望結“火消し”に必死!? インスタ「匂わせ」連投でイメージダウン

本田望結
本田望結(C)週刊実話Web 

女優でフィギュアスケーターの本田望結(19)が、5月21日に放送されたニッポン放送『ナイツ ザ・ラジオショー』にゲスト出演。共演して「好きになった」という芸能人の実名を明かした。

パーソナリティーのナイツ・塙宣之から「一番感動したの誰? 芸能界に入って、お会いして」と聞かれると、本田は「好きなのは、香取慎吾さんです」と即答。「ドラマでお会いして…すごい好きになっちゃいました」と告白したのだ。

【関連】本田望結“ドジャーブルー”のピッタピタニットで山本由伸との仲を匂わせか!? ほか

共演した作品は、2015年10月に放送されたフジテレビ系のドラマ『一千兆円の身代金』。香取主演で、本田は当時11歳だった。

「ドラマで香取さんとご一緒して。そのとき私、小さかったので、みんな〝子役さん〟って(感じで)話してくるのが、香取さんだけは私のことを本当に〝女優さん〟として、面と向かって話してくださる感じがキュンというか…きちゃって。香取さん、好きです」

塙の相方・土屋伸之から、香取は子役に対しても「演技の話とかするのか?」と質問されると、当時をこう振り返った。

「演技のやり方もそうですし、決して私に〝指導をする〟という形ではなくて、〝一緒に相談に乗って、一緒に決めていく〟感じが初めての体験で…。その後も、香取さんがインタビューで『望結ちゃんを一人の女性として見ていた』というふうに言ってくださったのが、すごい嬉しかったです」

「初めてお付き合いした方と結婚したい」

今年47歳になった香取と本田は親子ほどの年の差だ。芸能ライターが解説する。

「本田は、同じくドラマで共演して以来、頻繁に連絡を取り合っている相手として75歳の笹野高史を『友だち』だと公言しています。いわゆる〝枯れ専〟(極端な年上男性を好む女性のこと)じゃないかと疑いますが、本命は米メジャーリーグ・ドジャースに所属する山本由伸投手(25)ですからね。急に『香取が好きだ』と言い出したのは〝火消し〟のためだと思いますよ」

〝火消し〟とは、どういうことか。

「本田は、自身のインスタグラムで、ブルーのニットにグレーのパンツとジャケット姿のショットを投稿。この色の組み合わせは、山本投手や大谷翔平選手が敵地で着用するドジャースのビジターユニホームの配色だったため、〝匂わせ〟じゃないかと話題になったんです」(同・ライター)

その後も本田は、インスタで《好きな数字の楽屋テンション上がります。》とつづり、「18」という数字の書かれた楽屋の扉の前でポーズをとったショットを投稿。この数字は山本投手がプロ野球・オリックス時代やWBCの日本代表、現在のチームでもつけている背番号で、「また匂わせか?」と騒ぎになっていたのだ。

「このときに着ていたスッケスケでパッツパツの衣装も〝ドジャーブルー〟でした。あまりにあからさまな匂わせには、ネット上で賛否の声が上がっていましたからね。ナイツのラジオでは、香取の他にも『お兄ちゃんが理想の男性』などとも発言。連投した匂わせでダウンしたイメージを、必死でかき消そうとしているようにも見えますね」(前出・芸能ライター)

 

この投稿をInstagramで見る

 

本田望結(@miyu_honda_official)がシェアした投稿

自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組では「初めてお付き合いした方と結婚したい」と明かしていた本田。来月には20歳を迎えるとあって、大谷翔平選手のような〝電撃婚〟の発表があるかもしれない。

あわせて読みたい