芸能

『にゃんこスター』アンゴラ村長が女優業に進出?ファースト写真集爆売れでオファー殺到

Roman Samborskyi
(画像)Roman Samborskyi/Shutterstock

お笑いコンビ『にゃんこスター』のアンゴラ村長のファーストデジタル写真集が爆売れし、思わぬ反響を呼んでいる。

アンゴラ村長は20代最後の日となる5月16日に、『151センチ、48キロ』を発売。100ページの豪華版となる写真集では、アンゴラ村長が大人っぽい黒のランジェリーで胸の谷間をアピール。手のひらサイズの柔らかそうな膨らみに、ファンからは《まさにベストサイズ!》と歓喜する声が上がっている。

【関連】「にゃんこスター」消えたお笑い芸人の現在…2人の激変ぶりが話題「マジで美人」 ほか

アマゾンのカスタマーレビューは「星5」が大部分を占めており、《ちょうどいいぽっちゃり感がまた可愛い。写真集だけじゃなく映像でも見たいレベル》《上長袖シャツ下薄紫ショーツがエロすぎる! グラビアアイドルにはない魅力がある》と大絶賛されている。

「縄跳びネタでブレイクした『にゃんこスター』ですが、2020年にスーパー3助と破局宣言をして以降、アンゴラ村長の人気が右肩上がりになっています。近寄りがたいモデル体型の美女よりも、会社や学校などどこにでもいそうな自然体の姿が、男性ファンの心を鷲づかみにしているようです。写真集のタイトルにもなっている『151センチ、48キロ』の体型は、男性ファンにとってまさにジャストサイズ。爆売れするのも納得です」(グラビア誌ライター)

時代は福田麻貴よりアンゴラ村長?

そんなアンゴラ村長だが、関係者の話によると、すでに水面下で〝女優オファー〟が相次いでいるという。

これまで渡辺直美や、ブルゾンちえみ、イモトアヤコ、『3時のヒロイン』福田麻貴ら女芸人が女優にチャレンジしているが、いよいよアンゴラ村長にもお鉢が回ってきたようだ。

「アンゴラ村長は昨年、テレビ東京若手映像グランプリ2023のドラマ『高田馬場ロータリーメモリー』に出演しています。出演時間は短かったもののなかなかの存在感を見せていましたね。舞台の経験もありますから、ドラマのオファーがあれば根っからの器用さでそつなくこなすハズ。昨年は福田が『婚活1000本ノック』(フジテレビ系)でドラマ初主演を果たしましたが、平均視聴率2.8%で大爆死しています。昨今の人気ぶりをみると、むしろアンゴラ村長の方が数字を持っているのは間違いないでしょう」(ドラマライター)

写真集では惜しげもなく男が求める〝標準体型〟を披露したアンゴラ村長。大胆シーンにも果敢にチャレンジしたら、視聴率も爆上がりするかもしれない。

あわせて読みたい