芸能

杉咲花「お手やわらかに」「慣れてないので…」熱愛報道の『アンメット』共演俳優を必死のフォロー

杉咲花
杉咲花 (C)週刊実話Web

フジテレビ系で放送中のドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』で主演を務める杉咲花と、同ドラマで共演している俳優の若葉竜也が交際中であることを5月22日、ニュースサイト『NEWSポストセブン』が報じた。

記事によると、2人は5月上旬のとある夜、撮影終わりにスタッフを伴い、関東近郊のラーメンチェーンで遅い夕食を取っていたというが、リラックスした様子で周囲を警戒する素振りはなし。


【関連】『アンメット』杉咲花と若葉竜也の注射シーンはアドリブ?素で笑ったような演技に原作者も感動「面白く豊かに表現された事に感動」 ほか

このデートから数日後には、撮影を終えた若葉が愛車のハンドルを握って、杉咲が住む都心の高級マンションへ。翌日の早朝、杉咲と時間差で撮影所に〝出勤〟したという。

「気づいたら電話しちゃってました」

2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』で共演して以来、杉咲と若葉がタッグを組むのは4作目。

4月上旬に行われた『アンメット』の制作発表会見で、若葉は今作の出演が決まった経緯について、「プロデューサーの熱い思いに応えたいなと思いました。あとは杉咲さんから電話がかかってきて『やるよね?』と、プレッシャーをかけられたので」と〝直電オファー〟があったことを告白。

杉咲は「役がぴったりで、若葉さんしかいないんじゃないかと思って。気づいたら電話しちゃってました」と電話した心境を明かしたのだ。

「撮影現場でずっと顔を合わせているにもかかわらず、プライベートでもベッタリするとはよほどいろんな相性が合ったのだろう。これまでまったく浮いたうわさもなく、女優としては優等生だと思われていた杉咲だが、なかなか恋愛に関しては積極的だった」(芸能記者)

同ドラマの番宣でのそっけない態度などで批判を浴びていた若葉だが、その際も杉咲は過剰なフォローを見せていたという。

「杉咲は『初めてなんで。お手やわらかにお願いします』『慣れてないので』と終始、若葉を擁護。しかし、若葉の態度は変わらなかったので、愛の巣に帰って〝おしおき〟していたかもしれません」(テレビ局関係者)

2人の交際が明らかになってしまったが、視聴者からの〝ご祝儀〟でいきなり視聴率が跳ね上がってしまうかもしれない。

あわせて読みたい