芸能

今田美桜『花咲舞が黙ってない』でサービスポーズを披露?「目立たなくしてるけどものすごい」

今田美桜
今田美桜 (C)週刊実話Web

5月11日放送の『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)第5話で、主演の今田美桜が〝艶ポーズ〟を披露した。サービス精神の旺盛な今田に、視聴者はメロメロの様子だ。

花咲舞(今田)と相馬健(山本耕史)は東京第一銀行本部の臨店班として、行内の悪事を暴くべく奮闘している。


【関連】今田美桜“朝ドラヒロイン”目前で失速の危機!『花咲舞が黙ってない』予想通りの苦戦? ほか

第5話で2人の新たな臨店先となったのは眠山支店。老舗旅館の社長から相談を受け、2人は旅館に泊まることになった。


今田美桜の入浴シーンは見られなかったが…

旅館に宿泊とくれば、期待するのが入浴シーンだが、映ったのは相馬と、半沢直樹(劇団ひとり)が露天風呂内で裸体をさらすシーンのみ。花咲の入浴シーンを待っていた視聴者は、ズッコケてしまったようだ。

ただ、その直後、花咲は相馬とともに、浴衣に羽織を着て夕食を楽しんだ。

夕食を終えた2人はその姿のまま旅館の厨房を訪れ、旅館の料理長と対面。花咲が手を前で組むと、浴衣と羽織のせいか、ボンキュッボンとした体がやたらと目立った。

これに視聴者は、《羽織で目立たなくしてるけどものすごい》と大盛り上がりだった。

「今田演じる花咲の突然の艶アピールに、釘付けになってしまった人も多かったようですね。第5話では終盤にも艶っぽいシーンがありました。経営企画部の昇仙峡玲子(菊地凛子)がトイレの便座にスカートをはいたまま腰掛け、『ムカつく…』とつぶやく場面の映像が、まるで盗撮のようなアングルだったのです。視聴者から《どういうシーンだよ》とツッコミが入ったのも当然でしょう」

最終回までに、さらなる艶シーンは挿入されるだろうか。

あわせて読みたい