芸能

嵐・松本潤、旧セクゾ・佐藤勝利…ジャニー氏の“スペオキ”は新体制スタートも苦境のまま

旧ジャニーズ事務所
旧ジャニーズ事務所 (C)週刊実話Web

旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のマネジメント権を引き継いだ新会社・STARTO ENTERTAINMENTが4月に始動し、所属タレントたちの新たな仕事が続々と発表されている。

いずれもフジテレビだが、9人組アイドルグループ・Snow Manの目黒蓮が7月期のドラマ『海のはじまり』で月9初主演を務め、Hey! Say! JUMPの山田涼介が7月期のドラマ『ビリオン×スクール』に、自身初の教師役で主演する。


【関連】7月期のフジ月9ドラマにパクリ疑惑浮上!? 『Snow Man』目黒蓮“初主演”も大コケか ほか

「旧ジャニーズの創業者・故ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、フジは新規の旧ジャニーズ勢の起用を自粛していた。しかし、各ドラマ枠の視聴率が低迷していることもあって、旧ジャニーズ勢の起用を解禁。NHK以外の民放キー局は、今後、何事もなかったかのように旧ジャニーズ勢を起用することになるだろう」(テレビ局関係者)

旧ジャニーズタレントにまたもや格差

また、嵐の櫻井翔は、女優の水川あさみが主演を務める7月期のTBS系ドラマ『笑うマトリョーシカ』で政治家役を演じることが発表されているが、ここに来て、苦境にいる旧ジャニーズタレントが目立つことになってしまったというのだ。

「timelesz(旧Sexy Zone)の佐藤勝利、KinKi Kidsの堂本光一、嵐の松本潤、俳優の中山優馬らはなかなか連続ドラマやゴールデン・プライム帯(午後7~11時)のバラエティー、特番などからお呼びがかからない。というのも、この4人は所属タレントの中でも、特にジャニー氏の薫陶を受け、ジャニー氏のイメージがこびりついてしまっている。当然、テレビでジャニー氏のトークはもはやタブーだし、使いづらくて仕方ないだろう」(芸能記者)

もともと、事務所内で人気グループとそうでないグループの間に大きな格差が生じていた。

ジャニー氏に気に入られていたタレントたちは〝優遇〟されていたが、今後、それがなかなかいい仕事が入らない理由になりそうだ。

あわせて読みたい