芸能

伊藤沙莉に世界進出の可能性 ハリウッド俳優が惚れ込んだ『虎に翼』ヒロインの魅力

NHK
NHK (C)週刊実話Web

伊藤沙莉の快進撃が止まらない。2024年度前期のNHK朝の連続テレビ小説『虎に翼』でヒロインを務め、絶好調な彼女をめぐって争奪戦が勃発している。

NHKを筆頭に、地上波テレビはもちろん、配信系メディアからもオファーが舞い込んでいるようだ。


【関連】『虎に翼』の生理描写が他作品に飛び火!『あまちゃん』の宮藤官九郎がやり玉に「男の作家には書けない」 ほか

「あの真田広之が、伊藤の演技に惚れ込んだというんです。真田は、世界的に大ヒットしているドラマ『SHOGUN 将軍』のプロデューサー兼主演を務め、日本が世界に誇るハリウッド俳優として大きな注目を浴びている。その真田が直々にオファーしたそうです」(芸能記者)

真田が出演依頼したのが『SHOGUN 将軍2』。伊藤は天皇家の姫として、物語のカギを握る大事なキーマンだという。

真田広之が『虎に翼』で伊藤沙莉を発見

「ギャラがすごいんです。計7話で1億円。世界配信で、うまくいけばハリウッドからもオファーが舞い込むかもしれません」(芸能ライター)

そもそも、真田が伊藤を知ったのは、『虎に翼』を視聴したことがきっかけだった。

「真田は、時間があればお忍びでハリウッドから日本に帰ってきます。その際に必ず視聴するのがNHKの大河ドラマと朝ドラ。意外ですが、真田は大の朝ドラファンなんです。伊藤の演技を見て、惚れ込んだそうです」(前出・記者)

伊藤が『虎に翼』で演じているのは、日本初の女性弁護士・三淵嘉子さんをモデルにした役柄だ。

「真田は偶然、彼女の伝記を読んでいたそうです。さらに驚いたのがNHKも伊藤に惚れ込んでいたこと。オーディションを開催せず、伊藤を指名して1本釣りしたことを聞いたんです。2013年の伊藤にとって初のNHK出演ドラマ『人生は“サイテーおやじ”から教わった』(NHK BSプレミアム)で、演出を担当したスタッフ陣が偶然にも真田の知り合いだった。伊藤の人柄を知るきっかけになったそうです」(同・記者)

世界に向け、沙莉に翼。

あわせて読みたい