芸能

「皇子を産め~!」高畑充希に“子なしハラスメント”!? 『光る君へ』に視聴者モヤモヤ

高畑充希
高畑充希 (C)週刊実話Web

5月5日放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』で、高畑充希が演じる藤原定子が、兄・藤原伊周(三浦翔平)からハラスメントを受けたと話題になっている。

伊周は「こうなったらもう中宮様のお役目は皇子を産むだけだ。皇子(みこ)を産め。皇子を産め~!」と、定子に顔を近づけながら繰り返し叫んだ。


【関連】『光る君へ』は失敗か?成功か?過去最低にせまる視聴率でも“離脱率”の低さは最高レベル ほか

4月28日放送分でも、定子の父・藤原道隆(井浦新)が定子に対して「皇子を産め、早く御子を産め!」と懇願。定子は2週にわたり、父、兄から子どもをもうけるよう言われた。

ウイカの好感度がアップすることに

子どもを早く産むよう促す言動は、現代に置き換えて考えれば立派な〝子なしハラスメント〟に当たるだろう。

同ドラマの舞台は平安時代だが、視聴者からは《ハラスメント大国ニッポン》《実際は自分の子どもに『早く孫の顔が見たいわあ』と言っている視聴者はたくさんいると思う》といった声が続出したのだった。

「出産にまつわるハラスメントは現代にもはびこる大きな問題。時代劇とはいえ、思わず定子に感情移入してしまったのでしょう。5日放送分では、定子がハラスメントを受ける様子を見ていた清少納言(ファーストサマーウイカ)が伊周をカッと凝視するシーンがあった。これで溜飲を下げた視聴者も多かったようですね」(芸能ライター)

今後も、定子へのハラスメントは続くのだろうか。

あわせて読みたい