エンタメ

全速ターン!『ボートレース』情報~ここまでの獲得賞金上位者は?

『ボートレース』情報
『ボートレース』情報 (C)週刊実話Web

今年もほぼ3分の1が経過。SGは、まだボートレースクラシックだけしか終わっていないが、ここまでの(5月2日現在)獲得賞金をチェックしてみたい。

1位はクラシックを制した毒島誠。〝ナイターキング〟の異名もある通り、ナイターSGの実績は抜群。オーシャンカップは大村、ボートレースメモリアルは丸亀でのナイター開催。出場することが決まれば、当然V候補の1人になる。


【関連】全速ターン!『ボートレース』情報~2024年後期の勝率トップは? ほか

今後どこまで賞金を上乗せしてくるか、注目したい。

2位は児島キングカップとマスターズチャンピオンで、GⅠ連続優勝の菊地孝平。マスターズの優勝戦は菊地以外の5人がコンマ20台のスタートだったが、菊地はコンマ02のトップスタート。スタート事故のペナルティーが強化された中でのこの踏み込み。〝天才スターター〟の凄みを、全国のファンに見せつけた。

昨年のGPレーサー・石野貴之のチャージなるか!?

3位の平本真之、4位の峰竜太、5位の吉川元浩、6位の西山貴浩など8位までが3000万円台。一方、昨年のグランプリレーサー・石野貴之は42位。クラシックを含めて、今年はモーターの抽選運があまりよくないが、一度リズムをつかむと無敵モードに突入するタイプ。昨年はボートレースオールスターで優勝して、グランプリ出場の足場を固めた。

今年はどこからチャージをかけてくるのか。

〝石野信用金庫〟の圧倒的な強さを見せてほしい。

あわせて読みたい