芸能

旧ジャニーズ社員がTOBEに大量移籍!STARTO社の“独立性”を疑問視する一方でTOBEタレント起用の二枚舌

旧ジャニーズ事務所
旧ジャニーズ事務所 (C)週刊実話Web

新規設立された芸能エージェント事務所・STARTO ENTERTAINMENTが、4月10日から本格始動した。

同社は昨年のジャニーズ事務所の性加害騒動を受け、かつて同社に所属していたタレントの活動をサポートするエージェント会社として発足。旧ジャニーズとの資本関係はなく、新規設立された別会社へタレントが一斉に移籍したという形だ。


【関連】旧ジャニーズ“ファンクラブ利権”で仁義なき戦い勃発?年間売上500億円超の行方は… ほか

「タレントの処遇を巡っては昨年、サントリーホールディングス社長で経済同友会代表も務める新浪剛史氏が、『所属タレントが事務所を移籍することも一つの手段ではないか』と語るなど、財界やテレビ各局からタレントの移籍を求める声が相次いだ。STARTO社はこうした意見に沿って設立・運営されたわけです」(芸能ライター)

一方、移籍を求めたはずの当事者の反応は冷たい。

NHKの稲葉延雄会長は、4月17日の定例会見にて、STARTO社に「関係性が重要になってくるわけで、分離ができているかが論点になる」とコメント。旧ジャニーズと完全に分離されているかを疑問視し、かつての所属タレントを新規起用しない方針を貫いた。

テレビ東京の石川一郎社長も、25日の定例会見で「まだ完全に移行しているわけではないでしょうし、そこら辺の見極めをした上で考えたい」などと発言している。

日本マクドナルドやアサヒHDといったスポンサーも、岡田准一、生田斗真、『Number_i』ら旧ジャニーズ退所者を起用する一方、STARTO社のタレントは起用していない。

いずれの対応からも、新規設立の別会社であるSTARTO社を、旧ジャニーズと〝一体〟と見ていることが分かる。

しかし『Number_i』が所属するTOBEは、テレ東の深夜ドラマに北山宏光が主演するなど、旧ジャニーズの空いた枠に入るがごとくオファーが相次いでいる。

だが、TOBEの実態はむしろ、各局やスポンサーが敬遠するSTARTO社以上に〝ジャニーズ的〟と言えるようだ。

スタッフもタレントも社長も社名もジャニーズ由来のTOBE

「先日、一部週刊誌で、旧ジャニーズ事務所にいた約230人の社員のうち、185人がSTARTO社に移ったことが報じられました。残りの辞めた社員はどこへ行ったかというと、ほとんどがTOBEへ移ったとのこと。TOBEには、『ジャニーズファミリークラブ』の有名スタッフであり、ジャニー喜多川氏からの信頼も厚かった通称“つーこさん”が移籍したとも報じられており、タレントもスタッフも元ジャニーズばかりなのです」(芸能ジャーナリスト)

つまり、TOBEもSTARTO社も、共に「資本関係のないゼロから発足した会社」で、「元ジャニーズのタレントが所属」し、「ジャニーズ時代のスタッフと共に運営している」という点で全く同じ会社だ。

異なるのは、設立されたタイミングが、性加害騒動の以前か以降かというだけなのである。

にもかかわらず、一部マスコミやスポンサーはSTARTO社のタレント起用を拒否する一方、TOBEは積極的に起用してきた。

「STARTO社を干してTOBEを起用するのは整合性が取れない。性加害は長年にわたって行われたとされたのだから、『発覚前に会社を設立したからOK』というのは道理が通りません。実際に尊重したいのは人権ではなく、スポンサーや消費者。ひいては声の大きいSNSアクティビストを気にしているだけ」(エコノミスト)

そもそも、TOBEという名前自体、ジャニー氏の命名によるものだとご存知だろうか。

「生前のジャニーさんは言葉遊びが好きで、TOBE社長・滝沢秀明氏が属していた『タッキー&翼』の1stシングルを『To be, To be, Ten made Ten made To be』と命名しました。これはローマ字読みで『飛べ飛べ天まで飛べ』になる言葉遊びで、『To be, or not to be』という曲も収録されている。一方、旧ジャニーズは『ジャニー喜多川の痕跡は全て消す』とグループも関連会社も改名したのですから、会社の由来がジャニーさんな上、スタッフもタレントもジャニーズから引っ張っているTOBEの方が、よほどジャニーズ色が強いと言えます」(元ジャニーズ担当記者)

ジャニー氏と決別した新会社はNGで、ジャニー氏の精神を引き継ぐ新会社はOK。テレビ局やスポンサー、ジャーナリストの二枚舌が問われている。

あわせて読みたい