芸能

八代亜紀さんの知られざる熱愛秘話④五木ひろしとの“銀座の恋”が再燃【週刊実話お宝記事発掘】

八代亜紀(C)週刊実話Web 
八代亜紀さん(C)週刊実話Web

2023年12月30日に73歳で亡くなった八代亜紀さん。1971年にデビューし、2年後には『なみだ恋』で紅白歌合戦に初出場。『雨の慕情』や『舟唄』といったヒット曲を連発し、〝演歌の女王〟となるまでの彼女には「2人の男」の存在が不可欠だった。当時の八代さんの熱愛を追った『週刊実話』の記事を再構成してお届けする。【昭和57年1月7・14日号掲載 年齢・肩書等は当時のまま】

そんな亜紀に、五木ひろしとの交際を復活させたとの情報が駆け巡り、歌謡界は騒然としている。

亜紀も五木も、同じ銀座のクラブで歌っていた。しかし、お互いプロとしては売れず、なぐさめ合い、励まし合った仲なのだ。

愛ある交際も、その過程で生まれたことについては、当時の同僚で否定する者はいなかった。だが、いまになってそれを復活させたとは…。

【関連】石川ひとみ「大人の恋がしてみたい」キュートなセクシーパンチ【週刊実話お宝記事発掘】 ほか

この情報は、五木に近いところから寄せられたものだ。

「八代亜紀との交際を復活させたのは間違いないらしい。テレビで歌番組に出演したあとなんか、ふたり連れだっていずこかへ消えちゃうのが目だって…。それも、一度や二度ならともかく、このところしょっちゅうという話だよ。昨年のレコード大賞、歌謡大賞では激しく対立したのが、まるでウソのように…」

五木と紺野美沙子の噂も

しかし、亜紀にはN氏というれっきとした恋人がいる。当時の五木にも、銀座のママや女子大生、女優の紺野美沙子などとの噂があった。

「亜紀はN氏との関係をどうするのかねえ。五木も、女子大生とうまく行かぬことからの反動ともいえるか。とにかく付き合っているのは事実なんだといえそうで…。でも、これが結婚することにでもなったら大変な騒ぎになるね。演歌の世界、いや、歌謡界を二分する売れっ子同士だから…」(同)

だが、交際は認めても、結婚するような関係ではない、とみるのが大方だ。

歌謡界では知られたTBSのプロデューサーがこう言う。

「五木は『婚約発表が間近い』とか、しばしばアドバルーンをあげるけど、あれだってホンネをいえば信頼できないんだね。結婚すれば五木といえど、あるていどのマイナスは覚悟しなければならないんですよ。それを承知で、あえて強行できるほどの環境には、いまの五木はないはずです。野口企画から離れる際、莫大な借金を徳間音工からしょいこんでいますからね。その返済こそ先決なんです」

この頃、五木は単なる演歌ではなく、いわゆる〝洋式演歌〟でイメージ転換を図っていた。

「それに払った努力も、亜紀との愛が事実とすればゼロになってしまうんじゃないですか。ふたりとも寂しいから、適当につき合い、それをまぎらわせる…。これが、真相じゃないんでしょうかね」(同)

五木プロモーションも、亜紀との交際を復活させたとの情報を否定している。

「どう噂されようと、五木の『歌謡界とは、全く無関係のお嬢さんを嫁に迎えたい』との考えは変わりありません。その発表も、そう遠くはないはずです」

芸能レポーター・梨元勝氏は、亜紀とは別の交際相手を追っていた。

「五木の結婚相手は『あの大きな家で彼の身のまわりの世話をしている女性だ』というタレ込みがあったんで調べてみたんだけど、どうもその可能性はないようでした。彼には、これまで素人の娘さんをはじめ、いろいろと出てきたが、どれもこれも本命とは言えない」

梨元氏は、あるテレビで共演した新人女優との仲を疑っていた。

「というのは、長門・南田夫妻の新築披露パーティの時、二人だけでサンルームへ姿を消して、二時間ぐらい降りてこなかったというんです。ただ、芸能界のウラオモテを知り尽している男だから、結婚相手となると、やはり素人ということになるでしょうね。もっとも五木ぐらいになると結婚に対してのアセリというのもないし、モテるので不自由してないから、急ぐことはないでしょう」

〝銀座の恋〟が再燃したかどうかは分からぬままだった。

【週刊実話お宝記事発掘】他の記事を読む

あわせて読みたい