芸能

本田望結「激しい上下動」でぶるんぶるんの“放送事故”韓国の人気ガールズグループも仰天!

本田望結
本田望結 (C)週刊実話Web

女優でフィギュアスケーターの本田望結(19)が、4月19日に放送された『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)に出演。その際の〝ある激しい動き〟が話題になっている。

この日は番組初の「2週連続SP」の2週目。大人気企画「ダンスノ完コピレボリューション」の第4弾がオンエアされた。


【関連】本田望結またも“匂わせ”か!? かき氷を「あーん」して食べさせるお相手は… ほか

「同企画は、誰もが一度は見たことのある曲の振り付けを、その場で3分間だけ練習。間違えることなく完璧に踊り切ることができるかどうかを競うもの。フィギュアスケーターの本田にとっては〝本業〟に近く、何度もゲストに呼ばれています」(放送担当記者)

他にも、デビュー曲がミュージックビデオ再生数1億回超えを誇る韓国の9人組グローバルガールズグループ「Kep1er」が登場。Snow Manとの日韓グループ対決に挑んだ。

ジャケットから飛び出す勢い

「4人1組のチーム戦で、本田は『踊れる俳優選抜チーム』として出場。本田と同じく企画の常連になっている加藤諒、元BiSH のハシヤスメ・アツコ、幼稚園時代からダンス経験者だという女優の木南晴夏と参戦していました」(同・記者)

本田はトップバッターとして登場。ブラックビスケッツのヒット曲『Timing~タイミング~』の完コピに挑んだのだが…。

「激しい上下動やジャンプを伴う踊りだったため、本田ご自慢の〝巨豊〟がぶるんぶるんに暴れまくり。黒のスポーティーなセットアップを着用していたんですが、胸元が大きく開いたデザインで、ジャケットから飛び出さんばかりの勢い。ゴールデンタイムにお茶の間が凍りつく〝放送事故〟レベルの衝撃映像でしたよ」(芸能ライター)

4人で踊るチームバトルでは、松平健の『マツケンサンバ』に挑戦。本家そっくりのゴールドの着物をまとい、笑顔でダンスを披露した。

「こちらは『Timing~タイミング~』より動きがゆるやかな踊りだったため、本田の〝巨豊〟も安定していましたが、帯でウエストを締めていた分、胸元の高低差が際立っていましたね」(同・ライター)

本田ほどの〝巨豊〟の持ち主は見当たらないKep1erのメンバーも仰天したに違いない。

あわせて読みたい