芸能

まるでストーカー?めるるの主演ドラマ『くる恋』男性陣の行動がヤバすぎる…

生見愛瑠
生見愛瑠 (C)週刊実話Web

4月30日に放送されたドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』(TBS系)の第4話で、生見愛瑠(めるる)、瀬戸康史をはじめとした主要キャストの行動に違和感を訴える声が続出している。

記憶喪失になった緒方まこと(めるる)が、過去に好きだった男性が誰なのかを探る同ドラマ。現在、緒方は男性3人と四角関係になっている。


【関連】めるる『くる恋』でバナナ一房をペロリ…「いくらなんでも好きすぎる」と視聴者ツッコミ ほか

5月5日に誕生日を迎えた緒方は、アプリ制作会社を経営する板垣律(宮世琉弥)とのデートに向かった。

だが夜、東京タワーの近くで、板垣は会社でトラブルが起こり、会社に戻ることになってしまった。

板垣が2時間半待っていてと伝えると、緒方は3時間待つと快く返した。

めるるにGPSがついている?と疑われる展開

午前0時に近づき、西公太郎(瀬戸)が突然、緒方のもとに現れて誕生日ケーキを手渡した。

また、朝日結生(神尾楓珠)は、緒方に居場所を聞き、緒方がスマホで撮った写真を送ると、夜空に東京タワーが写った写真だけを手掛かりに緒方に会うことに成功。律もタクシーでデート現場に戻り、四角関係の女性1人、男性3人が鉢合わせすることになった。

ネットユーザーはこの展開に仰天。写真のみで緒方の居場所を突き止めた朝日には「送られてきた写真1枚で場所特定して緒方に会いに来た朝日面白すぎるんだけど」、西には「GPSつけてんのかと思う公太郎の嗅覚」といった声が出た。

「もともと、板垣も緒方が働くリングショップを突き止めて来店するなど、ストーカーまがいの行動が目立っている。緒方のモデル並みの美貌に引かれて同じ場所に吸い寄せられたのだろうか。緒方も5月の設定とはいえ長時間、東京タワー周辺をほっつき歩きながら板垣を待ち続け、視聴者は『店に入って待てばいいのに』とツッコんでいた」(芸能ライター)

緒方への思いが強過ぎるのか、男性陣のヤバめな行動が目立つ同ドラマ。緒方はどの男性と結ばれるのだろうか。

あわせて読みたい