芸能

田中みな実の起用が仇に!? 松岡茉優主演の7月期ドラマ『ギークス』に大コケ予想

田中みな実
田中みな実 (C)週刊実話Web

女優の松岡茉優が、7月期のフジテレビ系ドラマ『ギークス/GEEKS(仮)』で主演を務めることが分かった。

松岡は田中みな実、滝沢カレンと共演するが、ドラマファンの間では早くも大コケの予感が漂っているようだ。

同ドラマは、新感覚の謎解きストーリー。松岡は鑑識官、田中は産業医、滝沢は交通課員の役を演じ、3人による井戸端会議を経て事件を解決するという。


【関連】「息が臭いから窓開けて!」田中みな実が危機感を抱く“あの女優”の事務所移籍 ほか

“女性3人モノ”が令和のトレンドとはいえ…

田中は4月期ドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)に第1話から出演し、熱愛が報じられた亀梨和也との共演で話題を呼んだ。

いざ物語が始まると、第1話で石原さとみ、亀梨らとともに大学の同級生役を演じ、37歳にして大学生役を務めるのかと物議を醸した。

「田中さんはいわゆる『キャピキャピ』した大学生役で、石原さん、亀梨さんらと比べて悪目立ちしてしまった。それもあってか、『ギークス』への出演に関して、ネットユーザーからは《田中みな実が出るってだけで作品期待度が下がる》といった声も聞こえてきます」(ドラマライター)

一部メディアによると、〝女性3人モノ〟のドラマは令和のトレンドとのこと。確かに2020年には吉高由里子主演で大島優子、榮倉奈々が脇を固めた日本テレビ系『東京タラレバ娘』がヒット。現在、川口春奈、木南晴香、畑芽育が三姉妹役を演じる『9ボーダー』(TBS系)も放送中だ。

とはいえ、『東京タラレバ娘』や『9ボーダー』が成功したのは、キャストの実力あってこそ。果たして、松岡、田中、滝沢という布陣は功を奏するのだろうか。

あわせて読みたい