芸能

太川陽介『バス旅』ですっかり“老害”扱いも…YouTube開設で思わぬ好感度アップ

Beomjin Ahn
(画像)Beomjin Ahn/Shutterstock 

今やすっかり人気番組になった水バラ『ローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』(テレビ東京系)。4月10日に放送された第19弾では、春の房総半島を舞台に、太川陽介率いるバスチームと村井美樹率いる鉄道チームが対決したが、リーダー・太川の痛恨の〝うっかりミス〟で、バスチームがまさかの4連敗を喫してしまった。

【関連】太川陽介『バス旅』うっかりミス頻発!始発バス乗れず4連敗…「いよいよ引退か」 ほか

太川はかつて、『ローカル路線バス乗り継ぎ旅』で漫画家の蛭子能収とコンビを組んでいた時、蛭子のマイペースな性格やちょっとした失敗に、散々毒を吐いてきたこともあり、最近は反対に視聴者から「そろそろ引退しろ」などといった厳しい言葉が相次いでいた。

そんな太川だが、さすがにこれ以上のイメージ悪化はマズいと思ったのか、4月に新しく開設したYouTubeチャンネル『ルイルイちゃんねる』で、番組の〝裏側〟をぶっちゃけ。これがファンに大好評なのだ。



妻・藤吉久美子の乱入にタジタジ…

4月9日に更新した動画では、しまなみ海道を23キロ徒歩で渡った際のエピソードを披露。あまりのキツさに、マドンナの俳優・宮地真緒が「すいません…。もう歩けません」と大号泣したことを明かし、「僕もキツかった。泣いてくれたからヤッター!『今日は泊まろうか』といえた」と赤裸々告白した。

また、バス旅が終わる頃、69歳だった蛭子について、「今の僕の4歳年上なのに、歩き出したら一度も文句言ってない」と振り返り、「いま尊敬するな。大したものだな」と蛭子を称えた。

11日に更新した動画では、妻で俳優の藤吉久美子が乱入。藤吉は「私バス旅出たかった。実は蛭子さんに許可もらってるんですよ」と太川に内緒の話を告白すると、太川はタジタジで「ヤダよ」というのが精一杯。夫婦仲の良さを見せつけた。

藤吉は2017年12月に『文春オンライン』で50代男性との不倫疑惑が報じられ、取材陣の前で号泣しながら謝罪したが、今ではすっかりおしどり夫婦になっているようだ。

「藤吉の不倫疑惑の際、太川は『こんな妻で申し訳ありません…』と頭を下げ、陳謝しながらも、『僕が守るから。これで終わり』と気丈に振る舞い藤吉を守りました。最近はすっかり老害呼ばわりされていましたが、藤吉のサプライズ登場で当時を思い出したファンも少なくなく、太川のことを見直す動きが出ています」(芸能ライター)

23日の動画では自身の65歳の人生を折れ線グラフで振り返り、熱いバス旅愛を語った太川。一時はすっかり視聴者に呆れられていたが、YouTubeチャンネルの開設で見事に人気を取り戻したようだ。

あわせて読みたい