芸能

木村拓哉『Believe』妻役が天海祐希になった裏事情…工藤静香が“お相手”に嫉妬!?

天海祐希
天海祐希 (C)週刊実話Web

木村拓哉が主演を務めるドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)が、4月25日に10分拡大版でスタートした。

初回の平均世帯視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、改めて木村の人気の高さを証明する形となった。


【関連】キムタク新ドラマ『Believe』が絶対にコケられないワケ…ギャラは1話あたり5000万円か ほか

ドラマは、テレビ朝日開局65周年記念作品として制作されているもので、木村が演じる主人公・狩山陸は大手ゼネコン『帝和建設』土木設計部の部長。優秀な社員だったものの、狩山が設計した橋の工事で多くの死傷者を出す事故が発生し、責任を取る形で実刑判決を受けて収監されることになる。

これまでの木村主演ドラマにはなかった、まさかの刑務所からのスタートとなり、SNSでも《続きが気になる》《誰が味方で誰が敵?》などのコメントが相次いだ。

工藤静香が綾瀬はるかに嫉妬した結果…?

ストーリーだけでなく共演者の豪華さも話題で、竹内涼真と斎藤工を中心に初回から北大路欣也、上川隆也が出演。中でも注目されているのが、狩山の妻である玲子を演じる天海祐希だ。

「天海は初回からさすがの演技力で作品を引っ張り、ベテランならではの凄みを見せている。ただ、天海は身長が171センチなのですが、公称・176センチのキムタクと並ぶシーンでは身長が同じくらいに見え、再び木村が身長を高くごまかしている疑惑が浮上しています」(スポーツ紙記者)

SNSでは、木村と天海の夫婦が〝似合わない〟という書き込みが多く見受けられるが、実はこのキャスティングには裏事情があると、民放キー局の編成担当が明かす。

「今回、妻役に天海さんを指名したのは木村だとか。実は、木村の妻である工藤静香が、共演する女優に嫉妬することがあるそうなんです。昨年公開の映画『レジェンド&バタフライ』では、綾瀬はるかと夫婦役を演じたが、工藤がヤキモチを焼いてプライベートでトラブったという噂。そこで、年齢が木村より上で、男の噂もなく、サバサバした性格の天海が適任だと指名があった。身長差まで気にしている余裕はなかったみたいですね」

せっかく工藤に配慮して、妻役をキャスティングしたのに、夫婦に見えないとネットで騒がれている木村と天海。そんな声を吹き飛ばすような、素晴らしい演技を見せてほしいところだ。

あわせて読みたい