エンタメ

全速ターン!『ボートレース』情報~2024年後期の勝率トップは?

『ボートレース』情報
『ボートレース』情報 (C)週刊実話Web

2024年後期級別審査の締め切りは4月30日。この原稿を書いている4月18日現在、勝率トップに立っているのは守田俊介だ。

81走で8.21というハイアベレージ。残りのあっ旋状況から、A1級に必要な出走回数、90走はクリアできる見込み。ただし、出走数が少ないということは、勝率が上がりやすい半面、成績が悪いと勝率が下がるのも早い。


【関連】全速ターン!『ボートレース』情報~児島周年の準優戦で集団F(フライング) ほか

今期のラストは、4月23日から28日までの地元びわこ一般戦。ならば、勝率を上げる可能性のほうがはるかに高いような気がする。

ちなみに2位につけているのは8.13の茅原悠紀、3位が8.08の上野真之介、4位が8.07の宮之原輝紀、そして5位が8.01の峰竜太という顔触れ。審査期間が残り半月を切り、8点オーバーが5人。最終的に何人が8点をクリアするか。そこも興味深い。

守田俊介は勝率トップを死守できるか!?

躍進という意味では、何と言っても宮之原。たとえ勝率トップには届かなかったとしても、狙える位置まで来ているのは間違いない。

クラシックでSG初優出したのは記憶に新しいところ。東都の新エースが誕生するのは〝時間の問題〟か。

この号が発売される4月25日は、まさに佳境。逆に5月に入ってからこの号を手にする読者の方は、守田が首位を守れたのか、それとも誰かに逆転を許したのか、結果を確認しながら、この記事を読んでほしい。

あわせて読みたい