芸能

【吉野紗香】大炎上した“お騒がせチャイドル”が予想外の成長《レジェンドアイドルの現在地(3)》

Peter Gudella
(画像)Peter Gudella/Shutterstock

1995年、少女漫画誌『ちゃお』のモデルグランプリに選ばれ、「チャイドル」ブームの火付け役となったのは、82年生まれのタレント・吉野紗香だ。

吉野はその後、ジュニアアイドルとして多方面で活躍。97年には少女向けファッション雑誌『ニコラ』の創刊に伴い、同じジュニアアイドルの野村佑香、ERIらと共にニコモ(『ニコラ』の専属モデル)に起用された。

【関連】“合鍵不倫”で大ヒンシュク!『ヘキサゴン』でブレイクした41歳モデルの現在は ほか

また、99年に発売されたカメラマン・篠山紀信撮影の写真集『少女の欲望』では、大胆なランジェリー姿を披露し、ファンを歓喜させた。

2016年に夕刊紙のインタビューに応じた際には、主婦業の傍ら大学の社会人生涯学習講座で学んでいることを明かしており、「発展途上国支援のための仕組みづくりや都市開発にも興味があります」と語っている。

一時は歯に衣着せぬ物言いがウケて、バラエティー番組で見ない日はないというくらい引っ張りだこになっていたが、09年に渋谷に買い物に行った際、長瀬智也と相武紗季のデート現場に遭遇したことで、「芸能界? 裏情報!」と刺激的なタイトルでブログを更新し、大炎上。また、元関西ジャニーズJr.との朝帰り&未成年喫煙を写真週刊誌に報じられ、一時謹慎処分で芸能界引退危機に追い込まれるなど、波瀾万丈な芸能生活を送った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sayaka Yoshino(@sayakayoshino_official)がシェアした投稿

チャイドルがママタレとして再びスターに!?

「そんな吉野ですが、2017年4月に結婚7年で式を挙げ、自身のインスタグラムで花嫁姿と感謝のメッセージを発表しています。21年2月に、第1子男児を出産し、現在は子どもを英語で保育する英才幼児園に週3日通わせているといいますから、すっかり教育熱心なママさんになっているようですね。かつてあれほど世間を騒がせたのがまるで嘘のようです(笑)」(芸能ライター)

表舞台に姿を現す機会はめっきり減ってしまったが、芸能界を引退したわけではないので、近い将来、ママタレとして活躍する姿が見られるかもしれない。

あわせて読みたい