桑子真帆 (C)週刊実話Web
桑子真帆 (C)週刊実話Web

桑子真帆アナ今春独立へ!? 早くも始まった“出産後”の「争奪バトル」ぼっ発

NHKのエースである桑子真帆アナウンサーが今春、いよいよ独立かとの情報が駆け巡っている。それも念願であろう〝家族計画〟のためだというから、実にめでたい話だ。


「早くも出産後の〝フリー豊満〟を獲得しようと、水面下で争奪戦が勃発しています。桑子アナは、2021年9月に再婚した世界的指揮者小澤征爾氏の息子で俳優の小澤征悦との間に、子供を作りたがっています。今月1月24日に任期満了となるNHKの前田晃伸会長に気に入られていたこともあり、桑子アナは会長交代のタイミングで独立を周囲に相談していると漏れ伝わってきます。小澤も48歳だけに早くパパになりたがっている。退局説は現実味を帯びてきています」(NHK関係者)


【関連】2023年“36歳年女”女子アナ3トップ!水卜麻美VS桑子真帆VS山﨑夕貴に注目 ほか


桑子アナは昨年の大みそか、四度目となる紅白歌合戦司会の大役を務めあげたばかり。その場でも不穏なウワサが流れていたという。


「桑子アナは17、18、20年に続く紅白司会でしたが、今回はグレーのシースルードレスを着て、妙にスッキリした表情で、イヤらしく盛り上がった豊満を透けた生地越しにアピール。髪もショートヘアにして、過去一番フェロモンが漂っていたのです。現場のスタッフらの間では〝退社を決意したのでは〟などと囁かれていましたよ。一部ニュースサイトでは、紅白本番では独立を警戒するNHK側が、桑子アナに芸能事務所関係者が接触しないようマークしていたとも報じられています」(音楽ライター)


今回の紅白は、平均世帯視聴率が関東地区で35.3%(ビデオリサーチ調べ)で、同番組史上最低だった前年より1ポイント微増。桑子アナは大きなミスもなく、数字的にも大コケさせることなく務めきったことで、今春のフリー転身を最終決断したとの情報も実際、駆け巡っているのだ。

後輩の和久田アナに対する“私だって”の思い…

「桑子アナは内々で、自身を重用していた前田会長ら一部幹部に、〝紅白司会をやりますから、失敗なく乗り切ったら独立させてください〟とバーター話を伝えていたとの情報も局内で流れています。5月に36歳になってアラフォーに差し掛かることもあり、1日も早くママになりたいという願望が高まっていることに加え、前田会長の退任、そして紅白完走という要素が合わさり、今春改編期の節目に〝決断〟する可能性は十分ありそうですね。1年後輩のライバル和久田麻由子アナは、昨春ごろから産休に入り同夏に出産したと報じられており、桑子アナも〝私だって…〟という思いは強いでしょう」(番組制作会社幹部)


こうした中、本誌取材班はすでに〝出産後〟を視野に入れた芸能事務所などが、桑子アナの獲得を目指し水面下で動き始めているとの情報をキャッチした。


「今春に独立すると見込んだ複数の大手芸能プロや芸能関係者らが、桑子アナサイドに非公式的に接触。出産して一段落したらフリーアナとして所属しないか好条件を提示して交渉しているそうです。すでに内定しているとの情報もありますが、諦めていない事務所もあるそうで、水面下の〝争奪バトル〟の様相を呈しているとか」(芸能プロ関係者)


桑子アナは昨年春から、6年ぶりにゴールデン帯に復活した看板報道番組『クローズアップ現代』のキャスターを務めている。


「桑子アナが退局した場合、出産休暇を終え復活する和久田アナが『クローズアップ現代』を担当するとの案も局内で検討されているそうです。新婚生活が幸せなのか、『クロ現』では最近、桑子アナの豊満がますますボリューミーになっていると視聴者の間で話題です。妊娠出産すればさらに大きくなることは確実で、獲得を狙っている芸能事務所らは〝フリーになった豊満〟をもフル活用することを計算し、本人にアプローチしているそうです」(同・関係者)


何はともあれ、桑子アナが最終的にどう動くのか、予断を許さない状況が続きそうだ。