中条あやみ「あれだけ売れていたのに…」CMもドラマもナゼ減った?

一時、大人気だった女優の中条あやみが、最近めっきり印象薄だ。口の悪いファンは「消えた」「終了!」などとネットではやし立てている。

「やや以前に比べ露出が減ったかなという気もします。というのは1日、何回となく見掛けた携帯電話会社のCMを降板。それと自動車メーカー、大手飲料水メーカーのCMも終了しました。現在だって、相当数のCMに出演。前記のCMが目立っていたので、下降線に見えるのでしょう」(女性誌記者)

中条は最近、ゴールデン枠のドラマに出ていない。昨年の4月期ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)で新人看護師を演じ、連ドラ初主演を果たしたものの、平均視聴率は8.7%と一桁惨敗を喫してしまった。

「初めての主演だったし、当時抜群の売れっ子でしたから、過剰に視聴率が期待された。ところが9%もいかない低さ。これで週刊誌、女性週刊誌が『あやみんはきれいなだけ』『恥ずかしくなるほどの棒演技』などと酷評されたのです」(テレビ雑誌編集者)

このドラマの失敗には、彼女も精神的なショックを受けたとされる。

「中条は『1回の失敗でダメなの!?』『じゃ、もう女優やらない』などという感じになったといいます」(同・編集者)

一時は“女優恐怖症”だった!?

今年に入って、ゴールデンの主役としては一切出ていない。この10月は『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)の第1話にゲスト出演。しかし放送時間は、土曜日の深夜24時12分からだった。また、10月31日から始まるNHKドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(全8話)に主演するが、これも土曜日の23時30分からの30分ドラマだ。

「彼女は、いい時間帯に出てボロを出し、たたかれたくないという気持ちがあるようです。人気があるだけに、視聴率が出ないとなおさらたたかれる。一時〝女優恐怖症〟だったそうです」(同)

身長169センチ、推定バストサイズ78センチのBカップ美微乳。

「イギリス人とのハーフ。顔は個性的なのにクセ顔ではなく、女性男性問わずの人気。特に今はやりの美微乳というのはイケます。過去にビキニギャルとしても活躍。女優に積極的でない分、グラビアで人気を上げたいところもあります。写真集を出せば『消えた』どころか存在感が増しますよ」(週刊誌記者)

発売を大いに期待したいものだ。