芸能

萩本欽一『仮装大賞』の後任は香取慎吾ではなく有吉弘行か…

萩本欽一

1979年に始まり、去る2月6日にはコロナ禍の影響で初の無観客で放送された人気長寿番組『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)だが、司会の萩本欽一が「今回で私、番組終わりね」と仰天発言。視聴者を困惑させている。

「欽ちゃんは〝前科〟持ちですから」(番組スタッフ)

80年代前半に〝視聴率100%男〟と呼ばれた欽ちゃんは、85年に充電と称して当時のレギュラー番組をすべて降板し、休養すると宣言した。

「ところが、当時の番組プロデューサーに『欽ちゃんの番組は欽ちゃんが辞めると言えば終わりだけど、これは素人の番組。勝手に辞めるとは言えないんじゃないですか』と説得され、司会を続行した過去があるんです」(日本テレビ関係者)

第65回以降は、香取慎吾がアシスタントを務めるようになったが、3年前にジャニーズ事務所を退所した際には、香取の降板説が流れた。

「欽ちゃんが『香取くんは俺の後継者だ』と言ったため、日テレは続投を決めたんです。その欽ちゃんが降板を示唆したことで、香取に禅譲するという情報が流れています」(同)

ジャニーズを刺激したくない日本テレビ

しかし、香取が久々に地上波に復帰した主演ドラマ『アノニマス~警視庁〝指殺人〟対策室~』(テレビ東京系)の視聴率は、第5話と第6話で連続して5%を切るという体たらく。かつての国民的アイドルの面影はない。

「もし、欽ちゃんが降りるとしても、日テレはジャニーズを刺激したくない。後任には香取ではなく有吉弘行という説もあるんです」(スポーツ紙記者)

さまざまな憶測が飛び交う中、欽ちゃんは「アドリブはアドリブだから」と、うそぶいている。

「欽ちゃんは、ああ見えて策士ですからね。ビックリ発言で次回の話題づくりを狙ったのかもしれない。今後どうなるか予測がつきません」(同)

視聴者は欽ちゃんの司会で、番組が100回を迎えることを期待しているようだが、5月で80歳を迎える高齢だけに、今後の動向から目が離せない。

あわせて読みたい