ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・岡田結実

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・岡田結実
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・岡田結実 (C)週刊実話Web

今回俎上にのせるのは、ドラマ『江戸モアゼル 令和で恋、いたしんす。』(日本テレビ系)で主演を務める、女優でタレントの岡田結実だ。お笑いコンビ『ますだおかだ』の岡田圭右を父に持ち、バラエティー番組の出演も多い。

彫りの深い整った顔立ちで、相学的にもバランスの取れた顔相ながら、眼光が乾き気味で媚や淫を感じさせず、エロスの面ではまだ全開とは言い難い。

彼女の特徴は、眉がとても長いこと。眉頭側と眉尻側どちらにも長く、眉頭側が長いと眉間が狭くなり、集中力はあるも神経質で、性愛に対して警戒心の強い相となって、男縁を自ら遠ざける相になる。

また、眉尻側に長いのは、よく言えば深慮、悪く言えば優柔不断で、男運に恵まれても逡巡して好機を逸しやすい。耳の位置が低いのも同様で、エロスに対し慎重でノリや激情のままに突っ走れず、おあずけを食らった男性側に去られがちだ。

臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の膨らみ)がふっくらと豊かで、性感・性欲のコンディションは申し分なく、準備は整っている。唇がやや薄めで情より理知に勝り、しっかりした鼻相から、意にそまぬ男とダラダラと「腐れ縁」を続ける女相でもない。前述の眼光からも、今は仕事一筋で、浮いた噂を聞けるのはまだ少し先になりそうだ。

家庭にこもるより社会に出て活躍したいタイプ

現時点の【官能度】は「3」。短い鼻下を除けば尻軽相が皆無で、男縁が拡がる要素が少なく、【モテ度】は「2」と低めだ。

金甲(小鼻)の張りは弱めながら、口が大きく、歯列のアーチも大振りで、生活力があってエネルギッシュ。【スタミナ度】は「4」と高い。

生来的な膣道の断面と一致するとされる風門(耳穴の下の溝)は広いものの、眉間と目間が狭いのは名器相。また、膣肉の締まりと連動する口元の肉付きが乏しい一方で、口相自体は締まっていてカバーできている。トータルで観て、【名器度】は「3」。

大きめの耳は安定(結婚)志向で、鼻孔の覗かない鼻は、やりくり上手で口の堅いよい奥さんになれる相。しかし、総じてユルいところの少ない顔相で、癒やし系とは言い難く、家庭にこもるより社会に出て活躍したいタイプの女相だ。【良妻度】は「2」に近い「3」。

純然のあげまん相ではないものの、下瞼ラインが目尻で上がっているのと、ゆるやかにカーブする眉、すっきりした口元はあげまん要素。反面、豊かな臥蚕と乏しい金甲がマイナスで、トータルで観て【あげまん度】は「3」と、令和女性としては高い方だ。

広い額は親や周囲の引き立てを受けられる強運相で、スタートダッシュに強い。芸能人として表に出るだけでなく、将来は裏方も含めた幅広いエリアで成功を収めそうな女相だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい