桐生祥秀 (C)週刊実話Web
桐生祥秀 (C)週刊実話Web

陸上・桐生祥秀が10カ月ぶりの国内V復帰!引退後は“ボクシング転向”か!?

今期の復帰はないかと思われた…。


陸上男子100メートル走の元日本記録保持者、桐生祥秀が〝国内復帰レース〟を棄権した。それも、スタートの号砲が鳴らされる数分前に自ら審判員の元に歩み寄り、「すみません」と伝えたのである。


「ウオーミングアップ中、左ヒザの裏側に違和感を持ったと話していました。棄権したくらいですから重傷かと心配しましたが、そうではないそう。桐生は『大事を取っただけ』と強調しています」(スポーツ協会担当記者)


【関連】桐生祥秀に「五輪で出番なし」の声! “リレー侍”に滑り込み選出も…ほか


棄権したのは、4月16日の『出雲陸上競技大会』。この時点では続く22日の『東京スプリングチャレンジ』、29日の『織田記念陸上』にもエントリー済みであることを語っていたが、国内復帰レースでのいきなりの棄権に、関係者からは「左ヒザの違和感だけ?」「何かあったのでは」との声も上がっていたのだ。

休養中の気分転換で調子を戻したか…

無事22日の『東京スプリングチャレンジ』で20秒88で優勝したが、昨年のこともあり報道陣はまさか…と思った。


[hidefeed]


https://twitter.com/KiryuYoshihide/status/1649658171496230912


[/hidefeed]


「桐生は昨年6月の『日本選手権』後に休養に入りましたが、休養期間中は企業などが企画したスポーツイベントにも参加し、子供たちを指導していました。その際は、一緒に参加した元プロボクサーの村田諒太とも話し込んでいました」(同)


このスポーツイベントでは〝流れ〟で、桐生がボクシングのパンチを披露する機会もあり、それを見た村田が大絶賛。桐生本人もマンザラではない表情を浮かべていたという。


「そこで関係者の口から冗談半分に出たんですよ、『ボクシングをやっても成功する』って話が。それもあったのか、2人はトレーニングなどの話でも盛り上がっていましたね。ちなみに、当時村田は統一戦に敗れ、正式に引退を表明する前だった。桐生を褒めたのはリップサービスでしょうが、後継者を探していた可能性も考えられます」


今年3月、海外レースで再始動を果たした際、桐生は「長く続けたい」とし、休養中に多くのことを学んだなどとも話していた。


また「ライバルたちの活躍を気にしなくなり、精神面でも成長した」(同)といわれるが、今後ボクシングの影響を受けすぎて〝転向〟とならないことを祈りたい。