篠田麻里子 (C)週刊実話Web 
篠田麻里子 (C)週刊実話Web 

篠田麻里子“下からマリコ”で裸一貫!ドラマ過激シーン出直し計画

「上から目線から〝下から目線〟に変わりつつあるようです」(芸能リポーター)


来年1月クールのドラマ『離婚しない男』(テレビ朝日系)に出演する元『AKB48』の篠田麻里子。


「ヒロインの篠田は不倫に明け暮れる人妻役。娘の親権を巡り、夫(伊藤淳史)とバトルを繰り広げる姿が描かれます。昨年、娘の親権を巡って不倫疑惑による離婚騒動があった彼女の私生活とオーバーラップします」(ドラマ関係者)


『AKB48』時代は〝上からマリコ様〟と呼ばれて絶大な人気を誇った篠田。


【関連】篠田麻里子“不倫に溺れた”のに海上保安庁から感謝状「不倫を目撃したら118番」!? ほか


「ただ、卒業後は『女優』の肩書でドラマや映画などに出演しましたが、表情に乏しく、セリフは棒読み。存在感を示すことはありませんでした。〝上から〟キャラが抜けきれませんでしたね」(同・関係者)


2019年、3歳下の実業家と結婚。〝交際ゼロ日婚〟と話題になった。


「翌年には長女も誕生。結婚生活は順調と見られていたのですが、昨年夏、夫が突然、長女を連れて別居していることが判明したのです」(前出の芸能リポーター)


その原因として〝篠田の不倫〟をニオわせた夫は、次々に〝証拠〟をリーク。


「その中には、篠田が密会時に利用したとされる『月経周期アプリ』や、夫婦の修羅場を録音した音声データも含まれていました」(同・リポーター)

生まれ変わったところを見せなければ…

しかし、今年の3月に突然、離婚を発表。真相はヤブの中へ…。


「いずれにせよ、この離婚で彼女は大きなイメージダウンを受けました。ですから、今度のドラマで生まれ変わったところを見せなければなりません」(前出のドラマ関係者)


その内容が少しずつ入ってきた。


「不倫相手役の小池徹平との濡れ場では、いきなりアンダーウエアを剥ぎ取られ、それをドアノブに掛けられてイタすシーンがあるようです。また、豊満を激しく揉まれて〝こういうのがいいんだろ〟と言葉責めにあうシーンもあるということです」(芸能ライター)


さらに、高校時代の回想シーンでは、セーラー服姿を披露しているという。


「そのシーンの終了後、衣装を担当している数人の男性スタッフがセーラー服を取り合ったという話があります。彼女は今、〝ピーチ磨き〟のためエステに通っていますが、セーラー服だけでなく、バニーやメイドコスプレにも興味を持っているようですよ」(同・ライター)


来年は〝何でもヤッちゃうマリコ様〟に変身する!?