(画像)Roman Samborskyi/Shutterstock
(画像)Roman Samborskyi/Shutterstock

安藤優子キャスター二度の「略奪婚」もノーダメージ!? “職場不倫”も公然の秘密【美女たちの不倫履歴書29】

フジテレビ系の情報番組『グッディ!』が2020年9月25日放送分で終了したことに伴い、40年にわたる生放送の報道番組を卒業したでジャーナリストの安藤優子キャスター(65)。


出演していた番組では、芸能人や政治家の不倫を報じることもあり、時には安藤キャスターが厳しい言葉を浴びせる一幕もあったが、実は自身もこれまで2度結婚しており、いずれも〝略奪婚〟だったのだ。


【関連】ウッチャンのために夫も仕事も捨てた徳永有美アナが古巣に復帰できた裏事情【美女たちの不倫履歴書23】 ほか


「1988年に14歳年上の妻子ある大手広告代理店社員の男性との不倫関係が発覚。男性は17年間連れ添った妻と離婚した直後の89年に安藤さんと再婚したが、略奪してわずか3年ほどで離婚に至っています」(ベテランの芸能記者)


当時は、現在ほどコンプライアンスにうるさい時代ではなかったため、安藤キャスターの仕事にはまったく影響がなかったという。

“週末婚”で愛を育む

「バツイチになって懲りたかと思えば、96年にも妻子がいたフジテレビ情報番組のプロデューサー・T氏との不倫が発覚。T氏は安藤さんの現在の夫です」(同・記者)


T氏は、安藤キャスターが『FNNスーパータイム』に起用された87年に出会っていた。


「T氏は同番組のディレクターでしたからね。2人の関係は局内でも公然の事実だったそうです」(同・記者)


02年には安藤キャスターの事務所名義のマンションで密会し〝週末婚〟を繰り返す姿がスクープされたものの、2人とも仕事への影響は一切ナシ。


「それどころか、T氏は報道局幹部になり、その後に離婚。安藤キャスターは億ションを購入し、06年12月に晴れて夫婦になった」(同・記者)


安藤キャスターは、このところメディアへ露出はほどんんとなく、今年4月からは愛知・椙山女学園大学の客員教授に就任。担当科目は「比較文化論」だというが、恋に悩める女子大生たちにも適切なアドバイスを送ることができそうだ。