芸能

本田望結パッツパツの胸元に抱きしめた“モノ”とは…独り暮らしの寂しさに負けた!?

本田望結
本田望結 (C)週刊実話Web

女優でフィギュアスケーターの本田望結(19)が、11月16日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演。独り暮らしの寂しさを語る場面があった。

世間で話題になっている場所はなぜ人気なのか、徹底調査する企画「ミーハー探検隊」に参加した本田。この日は、隊長の横山裕(関ジャニ∞)や女優の加藤ローサ、お笑いコンビNONSTYLEの井上裕介らとともに、リニューアルされた「銀座ロフト」を調査した。


【関連】本田望結パッツパツのクリスマスコーデで“横向きショット”の大サービス ほか

本田の〝問題発言〟が飛び出したのは、キッチン・グッズのコーナーだった。

井上が、「望結ちゃんは独り暮らしを始めたんでしょ。どうなの料理とかは?」と話を振ると、本田は「する気満々やったんですけど、最初の日に親子丼を作ったんです。めっちゃ美味しかったんですけど、寂しい味がして、涙が出てきたんです」と告白したのだ。

共演者が「やっべぇ!」とドン引き

さらに、幼少期は一家7人で暮らしていた本田が驚きの行動をとっていることも打ち明けたのである。

「みんなでガヤガヤして食べてたのが、急に一人だから…実家に帰った時に、みんなでご飯食べてる時の音をこっそり録音して、今、一人で食べる時は、それを爆音で流しながら食べてます」

これを聞いた井上は、思わず「やっべぇ!」とドン引き。その後、イギリスの人気ぬいぐるみメーカーの商品が並ぶコーナーに移動した本田は、アボカドのぬいぐるみを抱きしめ、今度は自分が「やばい」を連発していた。

「この『ミーハー探検隊』は、出演者全員がツナギタイプのサファリスーツを着込んだ〝探検隊コスプレ〟で人気スポットを紹介するのがお決まり。ウエストをベルトで絞っているため、本田のパッツパツの〝巨豊〟が強調されるんです」(芸能ライター)

アボカドのぬいぐるみを抱きしめたシーンでは、その本田の胸元がアップで映し出されていたという。

「お昼の情報番組ですが、男性視聴者は思わず身を乗り出したはずです」(同・ライター)

実家では、大ファンだと公言しているオリックスの山本由伸投手の等身大バスタオルをベッドに敷いて添い寝しているという本田。独り暮らしの寂しさを吹き飛ばすような出会いがあるといいのだが…。

あわせて読みたい