ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・菅野美穂

『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・菅野美穂
『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・菅野美穂 (C)週刊実話Web

今回は、ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)で4年ぶりの連ドラ主演を務めている、女優の菅野美穂を取り上げよう。

2児の母となり(夫は俳優の堺雅人)、しばらく家庭に入っていた間に顔相が結構変化した。

独身時代は童顔で、エロスに対して計算のできるブリっ子の相だったのが、今は地に足のついた家庭人の顔になっている。

特に目を引くのが下停(顔を上下に三等分したときの鼻下からアゴ先まで)相で、横幅が増してどっしりと力強くなり(年齢的には当然なのだが)、大人の女性らしい安定した顔相になった。

切れ込んだ目頭と、目頭部分でひしゃげた上瞼(特に右目)のラインが、ともに性愛に機略を持ち込める悪女性の相だったのが、どちらもあまり目立たなくなり、恋愛中心から家庭中心へと軸足を移したことがうかがえる。

また、性ホルモンタンクの臥蚕の張りもややおとなしくなり、田宅(上瞼)を含めた目の周囲の肉付きがすっきりした印象に変わって、エロスのポテンシャルは以前に比して落ちている。

もっとも、やや露眼(出目)なのと、浮光(濡れたような水っぽい艶)の乗った眼光(程度は強くない)は以前と変わっておらず、どちらも好色・多淫に傾きがちな眼相で、【官能度】としては「3」寄りの「4」と高めだ。

男縁が増えるモテの相

金甲の張りが若い頃と比べると弱まった一方で、口が大きく、がっしりと頑丈になった下アゴの相が補って、【スタミナ度】も「3」寄りの「4」。

爆笑した時、歯茎が露出するのは楽天的な気質を示す相で、異性からの誘惑に乗せられやすい尻軽相の1つ。前述の浮光と露眼はセックスに対する積極性の現れで、結果的に男縁が増えるモテ相でもある。【モテ度】は「5」寄りの「4」とかなり高い。

膣道の断面と一致するとされる風門(耳穴の下の溝)が広く、口元の肉付きも豊かとは言えないものの、自然に上がった口角(唇の両端)がプラス要素で、【名器度】は「2」寄りの「3」。

地眉が眉尻の上がった強い相だが、ドラマでは前髪を下ろして眉を隠し、温厚相に寄せている。また、以前の直線的な眉に少し丸みをつけてもいて、仕事眉から家庭眉へ近付けている。

頬の肉付きが薄くなったぶん、頬骨とエラが目立つ格好になって家庭運を落としており、これ以上の顔痩せはよくない。【良妻度】は「3」と観る。

目尻の下瞼ラインが上がっているところがあげまん相で、すっきりとした口元もあげまん要素。吊り上がりの地眉が大きくマイナスだが、おとなしくなった臥蚕相と曲線的に作るようになった眉がプラスで、【あげまん度】は「3」と、今時の女性としては高めだ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)

観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい