芸能

加藤綾子、田中みな実…人気女子アナ16人“新スキャンダル”情報炸裂!

低視聴率でMCの座も危うい!?
低視聴率でMCの座も危うい!?加藤綾子 (C)週刊実話Web

今年、最もスキャンダルが心配されているのが、フリーアナの鷲見玲奈だ。昨年3月にテレビ東京を電撃退社した際も、異性問題の報道が引き金となったのは有名な話。局員たちとの飲み会でハメを外し、2次会のカラオケボックスで同僚女子アナに既婚者男性局員とのイカガワシイ行為を見せつけたという。

「鷲見は同僚にハメられたニセ情報だと主張。でも既婚局員は、その後に異動。潔白を主張しながら、なぜ男性アナは異動したのかは、今も謎のままです」(テレビ東京関係者)

さらに驚くのは、テレビ東京時代、マッチングアプリを利用してカレ氏をゲットしたというもの。昨年10月、交際に至った元カレが週刊誌で激白。鷲見はアプリを使い、他の男性とも浮気をしていたことも暴露されてしまった。

「テレ東時代から、彼女には〝マッチング愛好者〟というウワサはあった。会社の飲み会以外に、外の人間とも1人でよく会っていた。その相手のほとんどが、マッチング男だと陰口をたたかれていた。というのも、社内でアプリを開いて〝男定め〟しているのを、同僚に目撃されていたからです」(同・関係者)

この元カレの暴露以外にも、最近、彼女に酷似した女性のワイセツ写真がネットに多数流出。真偽が取り沙汰されている。

「鷲見がマッチングを通して交際した男に流された可能性もある。今後、トンデモない場面を流出させる元カレが出てきても不思議ではないでしょう」(ネットメディアライター)

次いで〝カトパン〟こと加藤綾子だ。彼女は、現在、フジテレビ夕方ニュース『Live News イット!』のMCとして出演中。同ニュースは一昨年4月に始まったが、視聴率はイマイチ。間もなく丸2年になるものの、視聴率4~6%と低迷しており、民放4位が指定席だ。

「1位の日本テレビ『news every.』が10%を超えるのですから勝負にならない。3月に打ち切られてもしょうがない状態です」(テレビ雑誌編集者)

しかし、局にもポイ捨てできない事情があるという。

「東京五輪のキャスターを内約束していたという話があるのです。だから、五輪が開催されれば、時期改編の9月もしくは年末まで番組は続くでしょう」(フジテレビ関係者)

カトパンは視聴率不振の責任を取って契約時2億円といわれたギャラを、昨年3月の更新時に半額で合意。今年3月には、さらに半額を願い出るという。

「減額更改しても五輪がない場合、6月で降板させられる可能性がある。この危機にカトパンは、彼女にベタぼれの明石家さんまに応援を頼み、降板を回避する狙いとか。カトパンに頼まれれば、さんまは本気で交渉するでしょう」(同・関係者)

カトパンなど眼中にない田中みな実

昨年8月、カトパンは交際していたダンスパフォーマーと破局。それを公表したのはさんま。自身のラジオ番組で「加藤は別れたんや」と大はしゃぎした。

「さんまとしてはカトパンの仕事を後押しして交際、結婚に持ち込みたい。さんまは3年前に一度フラれているため再挑戦となる。もしまた交際を断ったら、さすがに激怒しそう」(同)

かつてのライバルだった田中みな実は、最近はカトパンなど眼中にないという。みな実は、一昨年12月に出版した、セクシー写真集『Sincerely yours…』が70万部の大ヒット。「社会現象」と呼ばれた。

「みな実は一時期、『ライバルはカトパン』と公言し、〝ライバルなんておこがましい!〟などとネット上でバカウケされていた。でも、昨今のカトパンの凋落ぶりを見るや、その立場は逆転。みな実本人も、『アヤコは、もうライバルじゃないよ』『アヤコ、終わったね』と、心の中では、完全に見下している。みな実のほうが1学年下ですが、いまや〝アヤコ呼び〟が普通とか」(女子アナライター)

今後、みな実は女優業へシフトするといわれ、どんどん差が広がっている。

「カトパンも、みな実のように、さんまに頼らず、素直に脱いだ方がいい。出し惜しみはもったいないですよ」(同・ライター)

4人目も同じく、フリーアナの新井恵理那。彼女はここ1~2年、年収2億円超えといわれる異常なまでの売れっ子ぶりが話題。情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)、『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)など、レギュラーが週7本。とんでもない露出ぶりだが、今年の彼女には波乱がありそう。

「2014年に『新・情報7――』に出て以来、快進撃。番組にはビートたけしが出ていますが、たけしの強い推しがあったというのが芸能関係者の認識。新井は同番組ではお天気コーナーしか出ていないが、いまも継続。たけしにとって、よほど大事な存在なのが分かります」(芸能記者)

新井はもともと局アナではない。身長158センチ、推定バストサイズ82センチのCカップ級。極小ビキニをグラビアで披露して活躍。くびれと安産型のお尻が魅力的で、たけしもその体にゾッコンだとか。

「でも、肝心のたけしの方が大ピンチ。最近、お笑いにキレがなく、放送コードに引っかかるような発言で支離滅裂。たけし終焉説も囁かれています。何より問題なのは高額ギャラです。昨今のテレビ不況で4月以降、たけしの番組が続々と終わるともいわれている。とすれば、新井の仕事も徐々に減っていくかも」(同・記者)

5人目は、大注目の人。TBSの夜ニュース『NEWS23』のMCを務めている小川彩佳だ。2月11日の『週刊文春』で、彼女の夫で医療ベンチャー『メドレー』の代表取締役医師を務めるT氏の不倫が発覚。緊急事態宣言の最中、愛人と会っていたというもので、T氏は不倫を認め謝罪、代表の座も降りることになった。

『ウオッチ9』返り咲きを狙う桑子真帆アナ

「〝夫に不倫されたMC〟なんて格好悪すぎ。今後、ニュースで男女のトラブルなんて扱えない。夫の話とはいえ、キャスターとして致命的な汚点を残してしまった」(TBS関係者)

小川は一昨年3月末、テレビ朝日を退社。その直後の6月にTBSに登場するというテレビ界の掟破りで話題になった。しかし、話題先行ばかりで『――23』は視聴率不振。6月で満2年となるが、降板情報も浮上しているのだ。

「彼女は以前から、夫の不倫を知っていて悩んでいたといい、だから離婚するという話もあります。仮にそうなると、不倫を許さない毅然とした女性というイメージアップにもなる。TBSサイドとしても視聴率不振だけでは切りにくくなり、話し合いは難航するでしょう」(同・関係者)

6人目はNHKの桑子真帆アナ。現在、朝の情報番組『おはよう日本』を担当。昨年、大みそかの『第71回 NHK紅白歌合戦』では司会を務めた。いま彼女は俳優の小澤征悦と交際中。たびたびデートやお泊まりも確認され、結婚目前状態だ。

「このまま入籍するという見方が圧倒的。となると相手が大物俳優ですし、局勤めは考えにくい。フリー転身が有力です。しかし、辞めていく者に、NHKが紅白を花道に用意するだろうか…。結婚しても残るという説もあります」(NHK関係者)

桑子アナの前担当は、NHK夜の看板『ニュースウオッチ9』。それが昨年3月、突然、現番組に異動した。

「推定バストサイズ86センチのFカップ級豊乳に加え、アイドルのような顔で、仕事帰りのサラリーマンに大人気でした。ところが、いきなり朝番組へ異動。局の意図がいま一つ不明です」(同・関係者)

そこで和久田麻由子アナだ。彼女は、現在『――ウオッチ9』の担当。和久田アナの前担当は『おはよう――』。つまり、桑子アナは夜から朝に、和久田アナは朝から夜に移った〝番組トレード〟のような格好となった。

「和久田アナは東大出身という以外、とくに目立つ存在でもなかった。だから、人気抜群の桑子アナとはソリが合わないらしい。そのため、朝から夜ニュースになることが分かったときは大喜びしたとか。番組の注目度は、やはり『――ウオッチ9』。和久田アナは『桑子アナに勝った!』と思ったのでは」(同)

一方、『おはよう――』に移った桑子アナは、多くの週刊誌にも報じられているが、どことなく精彩を欠いていると評判だ。

「『週刊フラッシュ』2月2日号で、大学時代の先輩に桑子アナの肉食3股を告白されるなど災難続き。しかし、局としては結婚してもすぐ辞めない条件で、昨年の紅白司会を任せたという説も、最近出てきている。それとともに桑子アナは『―ウオッチ9』の返り咲きを狙っていると聞きます」(全国紙記者)

弘中綾香アナが斎藤ちはるアナに喝!?

8人目はフリーアナの宇垣美里だ。彼女は元TBSアナ。19年3月、局内でのトラブルがあって、いきなり退社。その直後に出演したフジテレビの番組で「TBSは民度が知れるわ!」と爆弾発言。TBSだけでなく、地上波オファーがない状態が続いている。

「出ているのはBSとラジオのみ。あとは雑誌の連載が少々。正直、華やかなフリー生活とはお世辞にも言い難い。この不況の折、地上波の出番は難しいかもしれません」(テレビ雑誌編集者)

しかし、彼女は昨年5月、驚きの仕事に挑戦。脱毛エステのCMに出演し、無毛美ワキを披露。〝脱毛モデル〟の活動も始めた。

「過去の女子アナには脱毛モデルはいなかったと思います。本人は人気復活のためにセクシー路線に転身したみたいですが、なぜか『水着は一生ない』と否定している。その割にプールに入っての〝濡れ〟グラビアや、女性誌の〝美脚・美尻〟なんて企画にも出ているですから、真意が分かりません」(前出・芸能記者)

9人目は、テレビ朝日の斎藤ちはるアナ。彼女は19年入社。同年の4月1日、入社式前にもかかわらず情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』に出演。挨拶とともにレギュラーが決まったことを報告したことから、その厚遇が批判を浴びた。彼女は元『乃木坂46』のメンバーだ。

「乃木坂ではCD選抜に1回選ばれた程度ですが、大幹部のお気に入りだったと評判です。父親がアメフトの有名な指導者だったことから、入社できたのではと囁かれています」(テレビ朝日関係者)

しかし、入社後も評判はパッとしない。『――モーニングショー』の担当になって、間もなく3年目。

「ボードを読んだり、次のコーナーを紹介するだけで積極性なし。羽鳥が『斎藤さん、どう思いますか?』と振られると、やっとひと言。何も考えてない感じで、最近、羽鳥も諦めている雰囲気です」(同・関係者)

アウンス室でも浮きまくっていると評判の彼女。一部週刊誌報道によれば、先輩・弘中綾香アナが斎藤アナに喝を入れたがっているという。

「弘中アナは『女子アナ界革命』をブチ上げるなど、過激で上昇志向の強いタイプ。情実入社のような斎藤アナとは真逆ですからね」(同)

もっとも、弘中アナも問題は多い。

「スタンドプレーが多く、嫌う同僚アナが多いといいます。とくに女性幹部Bアナが嫌っていて犬猿の仲。弘中アナにはフリー転身説もありますよ」(同)

日本テレビからは、キナくさい情報が続出。まず市來玲奈アナだ。彼女も元『乃木坂46』のメンバーで18年の入社。民放の夕方ニュースで断トツ視聴率を誇る『news every.』にレギュラー出演中。同じ乃木坂でも、テレ朝の斎藤アナとは評判が全然違う。

「読みのうまさと知性も評価されています。完全に〝次期エース候補〟ですね」(日本テレビ関係者)

とはいえ、乃木坂時代にファンと交際。バレて卒業するなど、下半身は怪しい。

「〝乃木坂つるみ〟といわれ、追っかけとは切れていないといいます。写真誌は彼女の〝素行〟を、常に狙っています」(夕刊紙記者)

水卜麻美アナに結婚説が浮上!?

15年、裁判の末に日本テレビに入社したのが笹崎里菜アナ。ホステスだった過去がバレて内定取り消しとなった。

「コトはそんな単純ではないはず。疑惑写真も相当出回りましたし、ホステスより、もっと複雑な下半身問題だったとも囁かれています」(同・記者)

入社してから大きな出番もなく、ニュースコーナーに出る程度。

「春の異動で部署替えが聞こえています。これは日テレが以前からやっている方法で、異動するか、辞めるかの二択。笹崎アナがそうなったら、また裁判モメかもしれません」(前出の日本テレビ関係者)

日テレ3人目が水卜麻美アナ。彼女は以前、ジャニーズ事務所『関ジャニ∞』の横山裕との交際疑惑が発覚、問題となった。

「横山とは情報番組『ヒルナンデス!』で共演。一番やってはいけないパターンで、ジャニーズファンの反発を買った。その後、別れて局員と交際しているという話でした」(同)

ところが、昨年から横山との目撃情報が続出。再び結婚説も浮上している。

「フリー転身説も出ていて、それも結婚後、フリーという見方です。ただ、ジャニーズのタレントと結婚したら、テレビ局が使いにくくなるのは確実。日テレは民放イチのジャニーズ局。ファンの怒りが爆発しそう」(前出の女子アナライター)

最後は〝巨乳局〟として評判のテレビ東京だ。相内優香アナは、推定バストサイズ86センチのEカップ級豊乳で根強い人気。かつて、人気卓球選手と局員との〝二股同棲疑惑〟が報じられた。

「当時は下半身ガードがユルユルでしたが、近年は醜聞まったくなし。エース・大江麻理子アナの後継者といわれています」(前出のテレビ東京関係者)

現在、相内アナは大江アナと『ワールドビジネスサテライト(WBS)』に出演中。しかし彼女は、来る3月29日より朝5時45分からの『Newsモーニングサテライト』のMCに就く予定で、『WBS』から転出。また、『WBS』も月~木は23時台から22時台に時間移動。なんと、真裏はテレビ朝日の看板番組『報道ステーション』と真っ向勝負となり、注目を集めている。

「今後、WBSは大江アナと19年入社の田中瞳アナで進む模様。田中アナは元『ミス成城大』で、推定バストサイズ85センチのDカップ級。ぶりっ子系で、相内アナが出された格好。田中アナが大江アナの後継者という話もあるんです」(同・関係者)

女子アナの世界は、男も仕事もドロドロだ。

あわせて読みたい