芸能

桐谷美玲『ユニクロ』姉妹ブランドCM“ありえない”演出!? 子育てママが総ツッコミか

桐谷美玲
桐谷美玲 (C)週刊実話Web 

俳優の桐谷美玲が出演するユニクロの姉妹ブランド『PLST(プラステ)』の新WEB CMが、ツッコミどころ満載のようだ。

桐谷は今年3月に同ブランドのミューズに就任。新WEB CMでは、同社の新商品・ウォームリザープパンツを履き、自転車に乗って子どものお迎えに行く新ママを演じている。

2020年に第1子を出産し、現在3歳となった息子の育児をしながらドラマやモデルの仕事をこなす桐谷に、今回の役はまさにピッタリといえるだろう。

【関連】桐谷美玲が“近視治療手術”のCMに出演…リスクのある仕事も受けざるを得ない状態か ほか

「10月19日、都内で行われた同CMの発表会に登壇した桐谷は、『今朝も保育園へ送ってからこちらの会場に来ました』『子どもが何度起こしても全然起きてくれなかったんですよ!』などと明かし、会場を沸かせていました。まさにプライベートの姿そのままがCMになったといえそうですね」(芸能ライター)


「※CM上の演出です」とはいえ…

しかし、一部のネットユーザーからは「ありえない」との声が上がっている。

CMではシティサイクルに乗った桐谷が「仕事帰りにそのまま子どものお迎えに自転車で行ったりするんですけど」などと話し、ウォームリザーブパンツ姿で「どんなときでもキチンと見えるのが嬉しいです」と商品をアピールしているが…。

「3歳の子どもを自転車で迎えに行くのに、1人乗りの自転車でどうやって帰るのでしょうか(笑)。近年のママさんの子ども乗せ自転車の定番は、チャイルドシート付きの電動です。また、着用が義務化されたヘルメットを被っていないのも気になります」(同・ライター)

もちろん、生活感丸出しではCMとして成り立たないだろう。

「それならばむしろ最初から、『子どもを迎えに自転車で行く』というナレーションを入れなければいいだけ。これでは普段から、桐谷がルールを守っていないように見られても仕方ない」(同)

CMには小さく「※CM上の演出です」というテロップが入っているが、果たしてどれだけの視聴者が納得するか。

いっそヘルメット姿で子どもを乗せ、カゴをスーパーの買い物袋でいっぱいにしてガシガシと走る姿を見せた方が、ファンの共感を得られたかもしれない。

あわせて読みたい