芸能

TBS朝の新番組『ラヴィット!』放送開始前から「苦戦必至」報道の怪

複数のテレビサイトが、まだ放映されていないTBSの新情報番組『ラヴィット!』について「苦戦必至」と報道。先行きが不安視されている。

同番組は3月29日より放送予定。お笑い『麒麟』川島明と同局の田村真子アナが司会を務めることが決定している。

「川島は目立つ芸人ではないし、田村アナも人気アナというレベルではない。どちらもこれだという魅力がなくて、〝地味・地味コンビ〟なんて評判も出ている。華やかさはあまりないですね」(テレビ局関係者)

同番組は、終了する朝の情報番組『グッとラック!』の後継番組。『グッと――』は時事ネタ、芸能ニュースなどを扱い、ワイドショー的な要素が強いが、新番組はニュースはなし。料理、住まい、オシャレなどを中心とした生活情報番組だという。

「ニュースは全く扱わないと、すでに制作側も発表しています。社会的な大きなニュースが入ってきても、無視する方向みたいです」(テレビ雑誌編集者)

他局の朝番組は、ワイドショー的な番組が多い。フジテレビも3月から新番組『めざまし8』が始まるが、芸能色が強いとはいえ、少なくともニュースは扱う。

「他局との差別化でしょうね。ニュースをやらないとなれば、日によっての爆発力もないはずです。当然、安定的な視聴率を狙うということになりますね」(同・編集者)

ボーダーラインの視聴率はかなり遠い!?

一方、番組は妙なことで話題になっている。田村アナは、田村憲久厚生労働大臣の実の娘。田村大臣の〝ご自慢の娘〟ということは、スポーツ紙などにも書かれている。

「上智大学卒業後、2018年の入社。なかなかの美人ですけれども、父親の話の方が有名で、彼女自身はほとんど話題になったことがない。父親は本当に濃い顔で印象的なのに、どうも田村アナは印象が薄い。パッと目を引くオーラがないような気がします」(女子アナライター)

そんな背景もあるせいか、まだ番組が始まる前から「苦戦」と書くサイトが目立ってきている。

「『グッと――』が視聴率2%前後という超低視聴率で打ち切り。その前の情報番組『ビビット』も、やはり同様の視聴率で打ち切られた。だから新番組『ラヴィット!』が一気に視聴率を上げるというのは至難のワザ。朝の番組は5%がボーダーラインとされますが、相当遠い数字です」(前出のテレビ雑誌編集者)

田村大臣経由の〝キナ臭い〟情報に期待か…。

あわせて読みたい