芸能

11kg減量!北川景子“出産後初”主演ドラマの濃厚演技に注目

北川景子、出産後初主演の艶演技に期待!
北川景子、出産後初主演の艶演技に期待! (C)週刊実話Web

女優の北川景子が、出産後初となる主演連ドラで視聴率二桁をもぎ取りにいくため、人妻ママならではの〝濃厚演技〟に挑むといわれている。

「北川は昨年9月、夫・DAIGOとの間に第1子女児を出産。今年4月期にTBS系のドラマで、ママになって初の連ドラ主演を果たすことが内定しているのです。離婚をテーマにした夫婦モノの作品といわれています」(テレビ誌記者)

2016年1月、DAIGOと結婚して人妻になってからも、女優としてフル回転。連ドラ主演は19年1月期の『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)以来、2年数カ月ぶりとなるだけに、勝負がかかっている。

「『家売る――』は平均視聴率11.5%と上々の数字だっただけに、今作も絶対に二桁を取りたい。永山瑛太を相手役に夫婦の間柄を描く作品なだけに、序盤で〝夜の生活〟、つまり濡れ場を入れることは確実といわれています。ママになって濃密さを増した北川のフェロモンを、地上波で楽しめる可能性が大なのです」(番組制作会社関係者)

北川は出産後も、女優の道をさらに突き進むとみられている。映画でも2月11日、約2年半ぶりの主演作となる『ファーストラヴ』が公開。同時に、ボディーも磨き上げているというのだ。

出産後の約5カ月で11キロ以上減量!

「北川は2月3日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演し、出産前後で一時13キロ以上太ったものの、その後、約5カ月で11キロ以上減量したと明かし、美意識の高さに称賛が高まっています。出産2カ月後の昨年11月には、出演映画の完成イベントで現場復帰し、子供を産んだばかりとは思えぬ〝超美脚〟を密着パンツルックで披露し度肝を抜きました」(女性誌記者)

実は北川、自身のボディーを露出したがる傾向があるとも囁かれている。というのも昨年7月、美容誌『Voce』で膨らんだオナカを強調する密着ドレス姿を披露し、ドレスをたくし上げて美脚もギリギリまで見せて驚かせたのだ。

「4月期の主演連ドラでも、完全復活したセクシー美脚や悩殺ボディーを極限までお披露目するため、さまざまな艶シーンを織り込むよう志願したようなのです。ママになっても第一線を走る北川の、新たな魅力が見られるかもしれません」(スポーツ紙デスク)

絶品の人妻ボディーに期待大!

あわせて読みたい