スポーツ

「東京五輪」組織委がすがる“白血病克服”池江璃花子は間に合うか

白血病闘病から驚異的な回復を見せている 池江璃花子池江璃花子選手
白血病闘病から驚異的な回復を見せている池江璃花子池江璃花子選手 (C)週刊実話Web

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任し、新会長として橋本聖子五輪相が後任に就いた。しかし、五輪を「中止すべき!」という世論は揺るぎそうもない。こうなると〝最後のカード〟は、競泳の池江璃花子選手である。

「組織委の本音は森氏の続投でした。スポンサー企業や海外の有力者、政界との調整役が務まる人物は他にいません。かといって女性への蔑視発言、謝罪会見になっていない逆ギレは許されませんが…」(日本スポーツ協会詰め記者)

2月3日、森氏の「女性のたくさん入っている理事会は時間がかかり過ぎる」なる問題発言が飛び出し、謝罪会見での幕引きにも失敗したことで、五輪の協賛企業や海外から批判の声が殺到した。

永田町界隈でも「五輪開催のネックはコロナと森問題」と、頭を抱える関係者が増え、会長交代もやむなしとなった。

「当初は知名度とクリーンなイメージで、川淵三郎氏に決まりかけたのですが、唐突に白紙撤回されました」(同・記者)

東京五輪にも間に合いそう?

森氏が後任を依頼したことに加え、高齢ということで政府から横ヤリが入ったようだ。海外からは「日本はまだ女性蔑視の国なのか?」と、いまだに非難の声が上がっている。

「東京五輪の開催が大前提ですが、日本の女性アスリートに活躍してもらわないとダメ。白血病を乗り越え、代表復帰を目指して頑張っている池江への期待が、特に大きいようです」(テレビ局スポーツ部員)

池江は驚異的な回復を見せている。先の競泳ジャパン・オープンでは女子50メートル自由形で予選を1位通過し、決勝も24秒台でフィニッシュした(結果は2位)。2月末の東京都大会でも50メートル、100メートルのバタフライに出場する予定で、この調子でいけば東京五輪にも本当に間に合いそうである。

「五輪組織委も池江の復活を祈っています」(同)

スポーツに政治を持ち込むのは好ましくないが、アスリートに不祥事の後始末を負わせるのは、もっと卑劣な行為である。

あわせて読みたい