フジテレビ (C)週刊実話Web 
フジテレビ (C)週刊実話Web 

阿部華也子『めざましどようび』司会抜てきはリストラの予兆!? 自慢の“G級”披露も秒読みか

フリーアナの阿部華也子が低迷するテレビ界のあおりを受け、リストラの危機に瀕しているという。今後は、たわわに実った爆豊満をフル稼働し、グラドルもできるキャスターも視野に入っているというのだ。


「阿部は、ピチピチした衣装を好んで着用。ことさら強調したり、谷間が見えそうなポーズで人気お天気キャスターにのし上がりました」(グラビア雑誌編集者)


【関連】『めざまし』阿部華也子の“代理”が意外な好評で「交代フラグ」の声も… ほか


阿部は2016年、朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)の7代目お天気キャスターとしてデビュー。身長165センチ、推定サイズ90センチの〝G級〟が大注目され、一躍、人気者となった。


「『めざまし――』のお天気キャスターを6年間担当。これは歴代最長です。オリコンニュースの『好きなお天気キャスター/気象予報士ランキング』では2年連続1位を獲得するなど、圧倒的な存在感を見せつけました」(フジテレビ関係者)


しかし、昨年4月にお天気キャスターを卒業することを発表。土曜日に放送している『めざましどようび』の総合司会に抜擢された。

破局後に『どようび』へ移動!?

「お天気キャスターから総合司会になったわけですから、普通はキャリアアップに見えるでしょう。でも『――どようび』は、局アナやフリーアナたちにとって、窓際番組と揶揄されている枠なんです。事実、人気局アナだった久慈暁子も『――どようび』を最後に昨年、フジを退社してフリーになりました」(同・関係者)


その陰にあるのが大人の事情。阿部は17年、京都大学からフジテレビに入社した『めざまし――』担当のA氏との〝合鍵愛〟が写真誌に激写されている。


「阿部が6年間お天気の担当ができたのはA氏の力だと囁かれています。一説には、一昨年に破局したことで『――どようび』に回されたとか。また、総合司会を任されている阿部ですが、視聴率が伸び悩むフジテレビだけに安泰ではない。フリーアナはリストラ候補の筆頭ですからね」(同)


しかし、阿部には大きな武器があるという。


「〝G〟をフル稼働するようです。もともと阿部は、過去に写真集を出しているように魅せたがり。もし、『――どようび』も卒業となった場合は、グラビアに進出し、極小水着の解禁をも辞さない構えのようです。艶キャスターとして巻き返しを狙っているそうですよ」(芸能ライター)


期待しよう!