ザ・タブー

新入社員に昔のセクハラ仕返し 何と童貞で筆おろしするハメに《芳美さん=仮名・36歳・OL》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』

新入社員にセクハラを続けていたら…
新入社員にセクハラを続けていたら… (C)週刊実話Web

最近、世の中はセクハラに厳しくなりましたが、私が入社した頃は毎日、男性社員たちからセクハラの雨あられ状態だったんです。

せっかく自分が古株になった今、当時の仕返しをしないと気が済みません。それで、新入社員のT君に目をつけました。

「疲れた顔しちゃって。昨夜は、彼女が寝かせてくれなかったんじゃないの?」

「急いで帰るのは、怪しいなあ。今夜はデート?」

「今、私の脚を見てエロいこと考えてたでしょ?」

そんなふうに、ことあるごとにセクハラ発言をしまくっていました。

そしてある日、休日出勤をしたら、他にはT君だけが出社していたんです。

「休日出勤なんてして大丈夫なの? まあ、帰ってからヤリまくればOKかな」

私がいつもの調子でからかうと、T君は顔を真っ赤にしながら怒鳴るんです。

「先輩は誤解してます! 僕、恋人なんていません。それに童貞なんで、ヤリまくってなんかいません!」

どうやら童貞であることを気にしている様子です。

「ごめん。なんだかT君のことが気になっちゃって…。好きな子を苛めたくなる子供の心理と同じなの」

オヤジたちが夢見るセクハラからセックスの展開!

「え? …好きな子?」

女性に免疫がないらしく、いきなりT君の顔つきが変わりました。私には、本当は恋愛感情などありませんでしたが、目をハート型にして見つめられると、男日照りが続いていた体が熱くなってしまうのでした。

「今までからかってゴメンね。お詫びに童貞を奪ってあげるわ」

「先輩…本当ですか?」

「それが大人のケジメよ」

私はT君のズボンを下ろして、フェラチオをしてあげました。すると、いきなり射精しちゃったんです。思わずゴックンしてあげると、彼は大興奮。

「先輩、好きです!」と私を抱きしめて、立ったまま正面から挿入してきました。チ○ポを入れられるのは数年ぶり。むちゃくちゃ気持ちいいんです。

「いっぱい突き上げてぇ」

「オマ○コってこんなに気持ちいいんですね! ああ、またイク!」

彼は大喜びで腰を振り続け、苦し気に言いました。

「私もイク~!」

そして、私はオフィスでイッちゃったんです。瓢箪から駒ならぬ、セクハラからセックスという展開は、きっとオヤジたちが夢見ていたものでしょう。それを期せずして私が実現してしまったのでした。

(書き手・柏木春人)

あわせて読みたい