高橋由美子 (C)週刊実話Web
高橋由美子 (C)週刊実話Web

「もっといろいろやってっから」と記者に逆ギレ!結局“略奪婚”した高橋由美子【美女たちの不倫履歴書20】

女優の高橋由美子(49)が、今年4月に放送されたフジテレビ系の特番『芸能界マル秘通信簿』に出演し、過去をぶっちゃけて話題になった。


番組では、「20世紀最後の正統派アイドル」として絶大な人気を誇った20代の頃や、同局のドラマ『ショムニ』シリーズでの活躍ぶりなどを紹介。45歳の頃に、「スナックでアルバイトと報じられた」と突っ込まれると、こう切り返してスタジオを笑わせた。


【関連】親子ほど年上の石田純一や神田正輝と交際した長谷川理恵の「暴露本」が凄い!【美女たちの不倫履歴書18】 ほか


「してないですけど、知り合いの店で飲んでたところを撮られたんです。1人店主で、足りないお酒を買い出しに…」

主役クラスの大物俳優とも不倫

一昨年に結婚した一般男性の夫についても赤裸々に語っていたが、この高橋の結婚は〝略奪婚〟だった。


「18年ごろから〝酔っぱらい毒舌キャラ〟で注目され、同年3月発売の『週刊文春』に、妻子ある男性と新宿歌舞伎町のラブホテルに出入りする姿を激写されてしまったのです。高橋は、あくまでも飲み友達だと主張した上で逆ギレ。文春の記者に『私、もっといろいろやってっから』と吐き捨てた」(芸能記者)


しかし、当時の男性の妻が「こうなった以上、私は夫婦は続けられない」と激怒すると、高橋も謝罪。21年4月に男性が離婚し、高橋と再婚したのだ。


「もともと高橋は不倫体質だったようで、01年発売の『週刊ポスト』のインタビューでは、17歳の時に14歳年上の既婚男性と5年間不倫していたとぶっちゃけた。さらに、高橋が30代前半だった頃、主役クラスの大物俳優と不倫関係に陥り、相手の家庭を壊しそうになったこともあったそうです」(同・記者)


「20世紀最後の正統派アイドル」の正体は、酒豪で貞操観念のない女だと知った往年のファンたちは「俺たちの青春を返せ!」といまだに憤っているらしい。