芸能

広瀬すず「断髪告白」波紋…推察される“限界突破”決意の艶シーン

広瀬すず、断髪は何を意味している…?
広瀬すず、断髪は何を意味している…? (C)週刊実話Web

女優の広瀬すずが自身のインスタグラムで突然、直筆の「断髪告白」を行ったことが波紋を広げている。一部では、主演映画で〝限界突破露出〟に挑むのではないかとの見方さえ浮上しているのだ。

「広瀬は去る1月26日、久々にインスタを更新。自身の近影は載せず、美しい筆跡で便箋に書かれた文章の画像のみアップしたのです。そこには《数カ月ぶりになってしまいましたが…その間に私は髪をバッサリと切りました。楽ですねー。いつかお見せします!》と書かれていました。要は、断髪したことを直筆文で報告したわけです」(芸能記者)

広瀬は最近まで胸くらいまである長髪だった。今回、顔写真を出さずに断髪のみ告白したため、さまざまな憶測が広がった。中には、こんな衝撃情報も…。

「人気女優が髪の毛を切ったことを、直筆で意味深に報告するのは極めて異例。つまり、他に真意があるということでしょう。実は広瀬、年内にも公開予定の主演映画で過去最大級の過激露出に挑むとウワサされているのです。下着を脱ぎ捨て、〝すべて〟が見えるか見えないかくらいの限界ギリギリまで露出した濡れ場があるとか。つまり、今回の断髪宣言は、その映画での艶シーンにおける極限突破に備えていることをニオわせている疑いがあるのです」(映画関係者)

断髪は“懺悔”の意味も含まれている!?

広瀬は、吉永小百合主演の大作映画『いのちの停車場』(5月公開)撮影中だった昨年10月、新型コロナに感染し一時休養するハメに。今回の断髪はそのことに対する〝懺悔〟の意味も含まれているとされる。

「広瀬は自身の感染で吉永らに迷惑を掛けたことで落ち込み、復帰現場では号泣したほど。その後、臆せず極限の濡れ場に挑むことで懺悔とし、ケジメをつけたいと思ったようなのです。だから、何かをニオわせるように、今回、直筆で髪を切ったことを明かしたと推察されます」(同・関係者)

広瀬は今年、上半期からフル回転の大忙しだ。

「2月27日から2回、WOWOW主演ドラマ『あんのリリック』が放送。春にはテレビ朝日系主演ドラマ『エアガール』で初のCA役を務めます。実は広瀬、1月14日に配信された所属事務所のYouTubeチャンネルで〝まだ皆さんにお伝えできていないものがたくさんある〟と予告していました。おそらくこれが、濡れ場映画のことと考えて間違いないでしょう」(スポーツ紙デスク)

大いに期待だ!

あわせて読みたい