ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・河北麻友子

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・河北麻友子
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~タレント・河北麻友子 (C)週刊実話Web

先頃、ファッションモデルで女優の河北麻友子が、一般男性との結婚を発表した。目・鼻・眉の寄った険相で、癒やし系とは言い難く、高嶺の花っぽい女相。どちらかといえば、観賞向きの人形美的な美貌だ。

セックスに対する積極性が現われる臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみが薄めで、眼光に水気があまり多くなく、淫蕩に流されにくい清潔感がある。

鼻が高く山根(鼻の付け根。目間)も高くて、自尊心が強く、勝ち気で神経質な鼻相だ。目間・眉間・田宅(上瞼)がともに狭いのも神経質で集中力があり、短気で攻撃的な相で、男性の軽率な接近には容赦なく肘鉄を食わせる。

一方、軽眼(目が大きい)で黒目が大きく、感情は豊かでオープンマインド。男受けはよく、モテる。(眉間狭・目間狭の相から)ひとたび心を許した相手とは進んで関係を深めるが、(尻軽相がほとんどなく)男選びには総じて慎重で、男性にとっては難攻不落の女相だ。

与える愛・能動愛の上唇がかなり薄く、求める愛・受動愛の下唇がふっくらと厚みがあって、性愛の場面では男性のリードを待つタイプ。その唇に歓待紋(細かな縦皺)が少なく、彼女からの積極的な奉仕性戯は期待薄で、父性愛豊かな男性と好相性だ。

現時点の【官能度】は「3」。尻軽相がない分、男縁は薄まり、【モテ度】は「4」寄りの「3」と観る。やや小口で口相の勢いが弱く、金甲(小鼻)の張りも強いとは言えず、【スタミナ度】は「2」と低い。

【名器度】は「5」寄りの「4」

古来、色情相法には、風門(耳穴の下にある溝)の形と、その女性の生来的な膣道の断面形は一致するという観法があり、彼女はその風門が狭くて深い名器耳。加えて、前述の眉間狭と目間狭も、構造的に狭い膣道を示す名器相だ。

惜しむらくは、膣の締まりのよさと連動する、口元の肉付きが豊かとは言えず、【名器度】は満点から少し減じて、「5」寄りの「4」。

彼女は額が広く、やや出額でもあり、強運と頭のよさを兼ね備えるも、理屈っぽく、夫や恋人の運気を尅する後家相だ。富士額(女額の1つ)なので、従順で忍耐強い古風な一面を持っており、(広額・出額よりも)そちらが発揮されれば夫は果報を得る。

正面から鼻孔が覗かない鼻は節約と守秘の相で良妻性が高い。しかし、目・鼻・眉の寄った険相が大きくマイナスで、【良妻度】としては「4」寄りの「3」となった。

決定的なあげまん相はないが、金甲の張りとすっきりめの口相がプラス要素で、以前の「へ」の字の上がり眉が丸みを帯びてきたのも好材料。

最も重要な眼形が、あげまん相(上がり目)ではないものの、【あげまん度】は「2」寄りの「3」と高めだ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい