芸能

『グッとラック!』打ち切り後の“番組名”に何とも不吉なウワサが…

『グッとラック!』打ち切り後の川島明の“番組名”が…
『グッとラック!』打ち切り後の川島明の“番組名”が… (C)週刊実話Web 

TBSの朝の情報番組『グッとラック!』が、視聴率不振で3月をもって終了する。その後継の新番組『ラヴィット!』が3月29日より放送されることが分かった。

「『グッとラック!』は時事ニュース、芸能ニュースなどワイドショー的な要素が強かったのですが、後継番組はニュースは一切扱わず、日々の買い物や食事、住まい、ファッションなど生活情報を中心にするといいます。他局の朝番組はどこもニュースを優先にしているので、差別化を図るためにということなのでしょう。それは分かるにしても、コロナ禍の昨今、いざ大きなニュースが入ってきたときに無視するのかどうか。差別化は冒険でもありますね」(テレビ雑誌編集者)

MCにはお笑い『麒麟』の川島明。パートナーとして局の田村真子アナが進行を務めるようだ。

「川島は相変わらずの吉本タレントだし、地味。田村アナは、父親が毎日テレビで見掛ける田村憲久厚生労働大臣。大臣は濃い眉、濃い顔でインパクト十分ですが、田村アナは逆に地味顔。川島と〝地味・地味〟コンビでどうなることか」(同・編集者)

新番組が発表されたものの、おおよそ話題になっていないのが現状だ。そればかりか、

「早くも〝新番組苦戦〟説まで出てきています。正直、キャストもパッとしないし、番組の目玉も見えない。生活情報では番組自体に話題が乏しいし、引きが弱い感じです」(女性誌記者)

しかも、意外な不吉話も囁かれている。番組名が最悪だというのだ。

視聴率不振番組の共通項と評判…

「いま放送中の『グッとラック!』が視聴率2%前後で失敗。その前がジャニーズの国分太一が司会だった『ビビット』で、同様に低視聴率で惨敗。新番組『ラヴィット!』ともども、いずれも番組名に〝ト(と)〟の文字が入っているんです。こじつけみたいな話ですが、局内でも『気になる』という人間は多いですね」(TBS関係者)

さらに『ラヴィット!』は「お気に入り」を意味する英語〝Love it〟からきているのだとか…。

「低視聴率にあえぎ打ち切り説が絶えないフジテレビの夕方ニュース『Live News it!(イット!)』とスペルも似ていているし、同じit。そして、やはり〝ト〟なんですよ。視聴率不振番組の共通項と評判です」(同・関係者)

同局でかつて同じ時間帯に放送されていた『はなまるマーケット』は、17年半も続いた長寿番組。しかもワイドショー的な内容とは一線を画する生活情報番組だった。しかも、ちゃんと〝ト〟がついている! 何はともあれ、新番組に期待しよう。

あわせて読みたい