ジャニーズ事務所 (C)週刊実話Web
ジャニーズ事務所 (C)週刊実話Web

今度は“人種差別”!? 「ジャにのちゃんねる」炎上でジャニーズ大やけど

ジャニーズ事務所所属の人気アイドルグループ・嵐の二宮和也を中心に、KAT-TUN・中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨、Hey!Say!JUMP・山田涼介の4人で活動するYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」が大炎上している。


【関連】『紅白』からジャニーズが消える!? 創業者の“性加害疑惑”対応にNHKが激怒か ほか


[hidefeed] [/hidefeed]


問題となっているのは、5月21日に公開された「【2周年!!】私財を投げて自分達で祝おうかとなった日」というタイトルの動画だ。動画の冒頭で二宮が、「ジャにのちゃんねる」が2周年を迎えたことを報告。そのお祝いとして、「外国人がなんでも祝ってくれる動画」を作成してくれるサービス『世界からのサプライズ動画』を利用してみたいと打ち明けた。


[hidefeed] [/hidefeed]


サンプルの動画を見た二宮は、「めちゃくちゃおもろいな。これやりたい!」と大はしゃぎ。メンバーとセリフなどの追加オプションを話し合って決め、約4万円でサプライズ動画を発注したのだ。


「出来上がった動画は、ザンビアのマッチョな黒人男性たちが『ニノチャン、ヤマチャン、フウマチャン、ナカマル、ジャニノチャンネル、2シュウネン、オメデトウ!』と祝いのメッセージを〝カタコトの日本語〟で読み上げ、空砲を撃ちながら半裸でダンスを披露するという内容でした」(芸能記者)


この完成動画を見た二宮と中丸、菊池は大喜び。この動画をYouTubeチャンネルのエンディングにも採用したのだが…。

この時期に「祝いの動画」を作成

「このサービスは、主に黒人男性を使っているため、〝人種的ステレオタイプを助長している〟との批判もあるんです。さらに、外国人女性が肌の露出の多い衣装で登場する『セクシー美女からのサプライズ動画』といったメニューもあり、そちらにも批判の声がある」(ネットライター)


[hidefeed] [/hidefeed]


案の定、「ジャにのちゃんねる」が作成依頼した動画に、ネット上で不快感を示す声が殺到。「差別的ではないか」「倫理観を疑う」などといった書き込みがあふれ、大炎上してしまったのだ。


「動画サービスを提供する一般社団法人WORLD SMILEのウェブサイトには、『このサービスは貧困支援の一環として実施されている』旨の説明がされていますが、その運営元にも批判が殺到し、ツイッターで釈明に追われる事態にまで発展しています」(前出・ネットライター)


タイミングも悪かった。ジャニーズ事務所は、創業者・故ジャニー喜多川氏の〝性加害疑惑〟の被害者たちが国会でヒアリングを受けている状況だ。


「ジャニーズの〝長男〟と呼ばれる東山紀之が、『ジャニーズ』という名前を残すべきかどうか、とまで言及。二宮の同僚の櫻井翔は、キャスターを名乗りながら、ニュース番組で一切コメントしないことに怒りの声も殺到していますからね。このタイミングで『祝いの動画』を作ろうというのもおかしいし、それを〝人種差別〟だとの批判まであるサービスに依頼する無神経さ。やはり、ジャニーズは所属タレントまで含めた組織全体が、一般社会とはかけ離れた常識を持つ集団だということを証明する結果を招いたわけです」(前出・芸能記者)


この問題も、ぜひ櫻井キャスターに取り上げてもらいたい。