芸能

「モテ男」佐藤健ついに陥落!? “公然アピール”上白石萌音の完全勝利か

ラブコメものの連ドラに立て続けに主演しブレーク中の上白石萌音が、並み居る女優が参戦するモテ男・佐藤健〝争奪バトル〟に完勝したとの情報が流れている。

「上白石は佐藤演じるドS医師と恋をする新米看護師役で主演した、昨年1月期のTBS系連ドラ『恋はつづくよどこまでも』(通称:恋つづ)を平均視聴率11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とヒットさせ、今年1月期の同系『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(通称:ボス恋)でも主演中。第3話まで続けて11%台を獲得する好調な滑り出しで、最も勢いのある若手女優ですね」(ワイドショーデスク)

2011年、「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞に選ばれ芸能界入り。妹・萌歌とともに売り出され、14年公開の映画『舞妓はレディ』で初主演し、16年のアニメ映画『君の名は。』ではヒロインの声を務めた。

「152センチと小柄ですが、クリッとした大きな目と癒やし系の笑顔が特徴。歌手デビューもしており、演技力も群を抜いています」(同)

今年はさらに、この2月からNHKで大河ドラマ『青天を衝け』に出演。秋からは朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のヒロイン3人のうちの1人に決まるなど、フル回転が続く。

絵に描いたような上白石萌音の…

そんな萌音だが、私生活でも〝肉食ぶり〟がウワサされているという。

「相手は『恋つづ』で共演した佐藤です。彼は有名な共演者キラーですが、上白石もイケメンぶりにやられ、好きになってしまったようなのです。佐藤も上白石を気に入っており、互いの自宅で〝極秘密会〟しているとの情報もあります」(芸能記者)

佐藤はこれまで石原さとみ、前田敦子、広末涼子、綾瀬はるか、吉岡里帆らと浮名を流した最強プレイボーイ。最近でも有村架純、本田翼らとの関係が取り沙汰され、〝争奪戦〟が繰り広げられている男。上白石が佐藤との関係構築に成功したとすると、大きな勝利と言える。

「上白石と佐藤は交際の〝ニオわせ〟をしていると、かねてネット上でウワサになっています。昨年3月、上白石が佐藤のYouTubeに出演し、『恋つづ』終了を〝寂しい〟と話したり、女として自分を見ているのか詰問したり、机の下で手を握っているように見えた瞬間もありました。番宣でのテレビ出演時も親密で、疑惑がさらに高まったのです」(同・記者)

最高クラスの美女を知り尽くした佐藤が最後に行き着いたのは、地味系癒やし女子だった!?

あわせて読みたい