エンタメ

みひろ『ほろ酔い晩酌グルメ』~古処鶏の水炊き(4人前)

古処鶏の水炊き 
古処鶏の水炊き (C)週刊実話Web

《古処鶏の水炊き(4人前)》
内容量:鶏肉(炙りぶつ切り240グラム×2、モモ切身100グラム、ムネ切身100グラム)、つみれ150グラム、スープ500グラム、ゆずぽん酢200ミリリットル、葛切り40グラム 価格:6480円(税込)『博多もつ鍋 芳々亭

わたしの地元・新潟が大雪に見舞われていて、母に連絡をすると「雪かきが大変!」とのこと。手伝いに行きたいけど、行けないもどかしさを感じています。

子供の頃はよくカマクラを作ったり、坂道をスキー板で滑って遊んだりしていましたが、今じゃ、雪の中に長時間いるなんてムリ。子供は風の子って本当ですね。

大人になってからは、寒いとすぐに熱々のアレが食べたくなるんです。ということで、今宵の晩酌のおつまみは熱々のアレ、芳々亭さんの「古処鶏の水炊き(4人前)」をご紹介します。

わたし、水炊きが大好きなんです。出汁を取るところから作ったりするんですが、そこから作るのがけっこう大変で…。でも、こちらの商品は出汁もお肉も用意されているので、野菜を入れるだけなんです!

豊かな自然環境の中で育てられた古処鶏の炙りぶつ切り肉・もも・むね・つみれと4種類のお肉が入っています。まずは出汁にお肉だけを入れて煮込みます。

スープのみも味わうんですが、コクと旨味がギュギュッと凝縮され、濃厚でありながら、すっきりと澄み渡る味わいなんです。毎朝コップで飲みたいくらい!

出汁で煮た野菜は甘くてとっても美味しい!

スープを堪能したあとは、炙りぶつ切り肉からいただきます。骨つき肉なんですが、身がホロホロとほぐれるほど柔らかい! 付属のゆずポン酢との相性も抜群で箸が進む進む♪

むね肉は、パサつきは一切なくしっとり柔らかで、もも肉はジューシーで肉の旨味を強く感じられます。そして、つみれが想像以上になめらかで柔らかくてビックリ! 山芋が入っているからなめらかなんですね。

スープとお肉を楽しんだあとは、野菜をたっぷり投入していただきます。水炊きの出汁で煮た野菜は、甘みが出てとっても美味しい。ゆずポン酢で食べれば間違いありません。

付属の葛切りがまた、きしめんみたいに太く、弾力があって、お肉と野菜の旨味たっぷりのスープをたっぷり吸って、たまらんですばい! ついには〆の雑炊まで食べてしまい、もうお腹いっぱい。身体がポッカポカになって、最高の晩酌タイムとなりました。

まだまだ寒い日が続きますので、皆さんもぜひ、水炊きで晩酌してみてください。

みひろ
1982年5月19日生まれ、新潟県出身、血液型A。T153、B82・W59・H84。趣味はショッピングと体の手入れ。『新みっひーランド みひなな食堂』がスカパーで放送中。

あわせて読みたい