エンタメ

JRA攻略1/31『WIN5大作戦』~投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!~

JRA 
(C)JRA

~1月31日のWIN5対象レース~

①中京10R美濃S
ディアマンミノル
ヒートオンビート  2頭

好調馬が少なめのメンバー構成で、絞っていきたい。ディアマンミノルは、2走前の菊花賞13着は距離とメンバーを考えれば致し方ない面も。自己条件の前走は3着と、きっちり結果を出した。ここは4走前に勝っているコースでもある。ヒートオンビートは、前走が単勝1.6倍で半馬身差2着と、クラス卒業も近い。引き続きチャンスだ。

②東京10R節分S
オールイズウェル
テルツェット    2頭

少頭数なので、ここも2頭で勝負。オールイズウェルは、3勝クラスでの2戦がクビ差2着、0秒2差3着と惜敗続き。2戦2勝と相性のいい川田騎手起用で、今度こそ。テルツェットは、4戦3勝3着1回と、キャリアは浅いながらも好成績。前走はメンバー中最速の上がり33秒0で差し切った。昇級戦でも通用しそう。

③小倉11R巌流島S
エレヴァート
センショウユウト
タマモティータイム
リレーションシップ 4頭

タマモティータイムは、小倉芝1200メートルが4戦3勝2着1回と大得意。前走も3馬身半差の圧勝だった。昇級戦でも。センショウユウトは、16番人気で1勝クラスを突破し、昇級戦の前走も10番人気で2着と激走。吉田隼人騎手を配し、ここも軽視禁物。エレヴァートの前走16着は、実績のない1400メートル。得意距離に戻って変わり身がありそう。リレーションシップは、未勝利勝ちがこのコースで9馬身差。2連勝中と勢いもある。

ハンデ戦のシルク―ロードSは手広く

④中京11RシルクロードS
シヴァージ
トゥラヴェスーラ
モズスーパーフレア
ライトオンキュー
ラヴィングアンサー
ラウダシオン
ルッジェーロ    7頭

フルゲートのハンデ戦で、絞るのは危険なメンバー。手広く選びたい。前走はダートを試し4着に終わったモズスーパーフレア。昨春の高松宮記念の勝ち馬で、前走よりは動けるはず。ライトオンキューは4歳以降、2戦連続凡走がない。前走9着から巻き返し必至。シヴァージは7戦連続でメンバー中最速の上がりをマーク。展開が向けば。年末年始のOP特別を制し好調のトゥラヴェスーラとラヴィングアンサー、芝・ダート問わず3戦連続3着のルッジェーロ、GⅠ馬のラウダシオンも侮れない。

⑤東京11R根岸S
アルクトス
タイムフライヤー
テイエムサウスダン 3頭

前走のチャンピオンズCは、伸びきれず8着に終わったタイムフライヤーだが、距離短縮と東京コース替わりはプラスに出そう。今年も勝ち星を量産し続けているルメール騎手とのコンビ復活も追い風となる。アルクトスも前走のチャンピオンズC(9着)は距離が微妙に長かったか。勝ち鞍もあるこのコースなら前進可能。テイエムサウスダンは、前走・すばるSの勝ちっぷりがよかった。引き続き左回りの1400メートルなら。

合計336点で勝負!

あわせて読みたい